コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦茂 スギウラシゲル

デジタル大辞泉の解説

すぎうら‐しげる【杉浦茂】

[1908~2000]漫画家。東京の生まれ。洋画家として帝展に入選後、田河水泡(すいほう)の弟子となり、少年向けの時代もの・冒険漫画で人気を得る。独特の世界観をもつギャグ作品は、時代を先取りしていた点で多くの文化人にも影響を与えた。代表作は「猿飛佐助」「少年児雷也(じらいや)」「少年西遊記」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

杉浦茂【すぎうらしげる】

漫画家。東京生れ。郁文館中卒。画家を志し太平洋画会研究所に入るが,生活のため漫画に転向し1932年田河水泡門下となる。1933年《思はぬ助け舟》でデビュー。戦前は教育漫画などを執筆。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦茂 すぎうら-しげる

1908-2000 昭和-平成時代の漫画家。
明治41年4月3日生まれ。昭和5年洋画で帝展に入選するが,田河水泡の内弟子となり,8年「少年倶楽部(クラブ)」でデビュー。戦後「冒険ベンちゃん」「猿飛佐助」「少年児雷也」などのギャグ漫画で人気をあつめる。平成元年児童文化功労者。平成12年4月23日死去。92歳。東京出身。郁文館中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

杉浦茂の関連キーワード太平洋画会研究所杉浦 茂接頭語接尾語派生語杉浦接辞造語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉浦茂の関連情報