コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李先念 りせんねんLi Xian-nian

5件 の用語解説(李先念の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李先念
りせんねん
Li Xian-nian

[生]宣統2(1909).湖北,黄安
[没]1992.6.21. 北京
中国の政治家。国共分裂後紅軍に参加し,長征の際は第4方面軍第 30軍政治委員。抗日戦争中は中原解放区をつくり,1941年新四軍第5師長。 49年中華人民共和国成立後,湖南省人民政府主席,52年武漢市長。 54年国務院副総理兼財政部長,56年共産党中央委員,中央政治局委員。 58年中央書記処書記を経て,59年国務院副総理となる。文化大革命で一時批判されたが,その後復活,周恩来首相とともに経済工作を指導。 76年 10月,「四人組」逮捕の際には葉剣英らとともに重要な役割を演じた。 77年十一全大会で党副主席,83年6月~88年3月国家主席,88年4月~92年6月全国政治協商会議主席。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

り‐せんねん【李先念】

[1908~1992]中国の政治家。湖北省出身。1927年中国共産党に入党。長征に参加し、軍の要職を歴任。中華人民共和国成立後は、副総理兼財政部長に就任して経済再建に尽力。1983年から1988年まで国家主席。リー=シエンニエン。

リー‐シエンニエン【李先念】

りせんねん(李先念)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りせんねん【李先念】

1909~1992) 中国の軍人・政治家。湖北省の出身。長征に参加、軍の要職を歴任。解放後、経済再建で活躍。1977年党副主席、83年国家主席に就任。リー=シエンニエン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李先念
りせんねん / リーシエンニエン
(1908―1992)

中国の政治家。湖北省出身。大工の徒弟だったが、1927年共産党入党、瑞金(ずいきん)のソビエト区に入って長征に参加。延安の抗日軍政大学で学んだのち、河南省など中原地区に入って抗日遊撃戦を展開、その間、新四軍第五師団長兼政治委員などを歴任。国共内戦中は中原軍区司令員。新中国成立後、湖北省人民政府主席、武漢市長、中南軍事委員会副主席。1954年副総理、財政部長、1959年国務院財政貿易弁公室主任、1962年国家計画委員会副主任。財政・経済の専門家として周恩来総理を助けた。1966年中央政治局委員、文化大革命中もその職にとどまり、外交分野で活躍。1982年中央政治局常務委員。1983~1988年国家主席を務めた。[安藤彦太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

李先念の関連キーワードスバルレオポルド2世父の日ピーター・ドラッカーゴッチェジェーンズネットー山路愛山超変成作用分化作用

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

李先念の関連情報