コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上専精 むらかみせんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村上専精
むらかみせんしょう

[生]嘉永4(1851).4.2. 丹波
[没]1929.10.31. 東京
明治・大正期の仏教史学者。真宗大谷派の末寺に生れ,幼少時から刻苦勉励して仏教学を修めた。曹洞宗大学,哲学館,東京大学講師を歴任。 1899年文学博士。 1917年東京大学教授。大乗非仏説を唱えたため僧籍を離脱,のちに復帰。 26年大谷大学学長。仏教史研究の開拓者として大きな業績を残した。主著『仏教統一論』『大日本仏教史』『日本仏教史綱』『仏教概論』『真宗全史』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むらかみ‐せんしょう〔‐センシヤウ〕【村上専精】

[1851~1929]仏教学者・真宗大谷派の僧。丹波の生まれ。東大教授・大谷大学学長。雑誌「仏教史林」を創刊、仏教の歴史的研究を提唱。大乗非仏説論を主張した。著「仏教統一論」「日本仏教史綱」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上専精 むらかみ-せんしょう

1851-1929 明治-昭和時代前期の仏教学者。
嘉永(かえい)4年4月2日生まれ。真宗大谷派。明治27年「仏教史林」を創刊し,近代仏教史学に道をひらく。大乗非仏説をとなえ,本山忌諱(きき)にふれ一時僧籍を離脱。大正6年東京帝大教授,15年大谷大学長。昭和4年10月31日死去。79歳。丹波氷上郡(兵庫県)出身。旧姓は広崎。著作に「仏教統一論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むらかみせんじょう【村上専精】

1851~1929) 仏教史学者。丹波の人。東大教授。真宗大谷派の僧。仏教史研究の基礎を築く。著「日本仏教史綱」「真宗全史」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村上専精
むらかみせんしょう
(1851―1929)

真宗大谷(おおたに)派の僧侶(そうりょ)。丹波(たんば)(兵庫県)教覚寺に生まれ、愛知県宝飯(ほい)郡御馬(おんま)の入覚寺を継いだ。真宗学を学び、東京真宗中学校長、東京大学講師などを歴任。1926年(大正15)から28年(昭和3)まで大谷大学の第4代学長を務める。1918年に帝国学士院会員となる。1894年(明治27)『仏教史林』を創刊。清沢満之(きよざわまんし)らとともに宗門の革新運動に参加し、歴史的研究を導入した近代的仏教学を提唱した。その大乗非仏説論は仏教界の反発にあい、一時は僧籍を剥奪(はくだつ)された。著書に『仏教統一論』『日本仏教一貫論』『真宗全史』などがある。[北西 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

村上専精の関連キーワードK.M. スタッグス大谷 光演鷲尾 順敬中西 牛郎鷲尾順敬村上

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android