コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村岡典嗣 むらおかつねつぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村岡典嗣
むらおかつねつぐ

[生]1884.9.18. 東京
[没]1946.4.13. 仙台
歴史学者。早稲田大学卒業。ジャーナリストを経て外遊後,1925年東北大学文科教授,文化史担当。国文学の研究で名高く,また日本思想史研究の先駆者主著『日本思想史研究』 (1930) ,『本居宣長』 (11) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むらおか‐つねつぐ〔むらをか‐〕【村岡典嗣】

[1884~1946]思想史学者。東京の生まれ。東北大教授。日本思想史学の開拓者。著「本居宣長」「日本思想史研究」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村岡典嗣 むらおか-つねつぐ

1884-1946 明治-昭和時代前期の歴史学者。
明治17年9月18日生まれ。波多野精一に西洋哲学をまなぶ。大正13年東北帝大教授となり,のち東京文理大教授を兼任,東京帝大などに出講。日本思想史学を確立し,国粋的潮流のなかで厳正な学問的立場をまもった。昭和21年4月13日死去。63歳。東京出身。早大卒。著作に「本居宣長(もとおり-のりなが)」「日本思想史研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むらおかつねつぐ【村岡典嗣】

1884‐1946(明治17‐昭和21)
日本思想史研究家。東京に生まれ,早稲田大学を卒業したのち,広島高等師範学校教授などを経て,1924年東北大学教授となる。この間ヨーロッパに留学して哲学を学び,新カント学派の文化科学的方法を日本思想史の研究に適用して,《本居宣長》(1911,増訂版1928)や《日本文化史概説》(1938),《日本思想史研究》4巻(1930‐49),《神道史》(1956)など,多くの著作をものし,日本思想史研究に独自の足跡を残した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村岡典嗣
むらおかつねつぐ
(1884―1946)

思想史学者。東京生まれ。開成中学、早稲田(わせだ)大学卒業(斎藤茂吉(さいとうもきち)・会津八一(あいづやいち)と同級)。竹柏(ちくはく)会の歌人。波多野精一に西洋哲学を学ぶ。1911年(明治44)26歳のとき『本居宣長(もとおりのりなが)』を著し、宣長の人と学問について柔軟かつ厳密な理解を示し、その後発展した日本思想史学の範型的名著とされた。認められて欧州に遊学、帰朝して1923年(大正12)東北帝国大学教授となり、初めて文化史学第一講座日本思想史科を開設した。その後1946年(昭和21)まで23年間、研究の展開と門下の育成に努め、思想史の学問的建設者とされている。国学、蘭学(らんがく)の研究をはじめ、神道(しんとう)史、国体思想、『源氏物語』『愚管抄』、武士道の研究など、先駆的業績はいまも価値を失わない。その方法論は、(1)思想的対象を、それが創出されたそのままに正確に再認識し(文献学的段階)、(2)その対象を同時代や他の時代の作品と比較しつつ理解し叙述する(歴史学的段階)にある。戦前・戦中・戦後で説を改めることはなかった。[原田隆吉]
『『本居宣長』(1911・警醒社/増訂版・1928・岩波書店/平凡社・東洋文庫) ▽村岡典嗣著『日本思想史研究』(1930・岡書院/増訂版・1940・岩波書店) ▽村岡典嗣著『続日本思想史研究』(1939・岩波書店) ▽村岡典嗣著『日本思想史研究 第三、第四』(1948、1949・岩波書店) ▽『村岡典嗣著作集』(1951~1962・創文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

村岡典嗣の関連キーワード本居宣長(国学者、神道学者)村岡 典嗣渡辺重石丸南里有隣読史余論南里有鄰村岡辻潤

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android