コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村岡典嗣 むらおかつねつぐ

5件 の用語解説(村岡典嗣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村岡典嗣
むらおかつねつぐ

[生]1884.9.18. 東京
[没]1946.4.13. 仙台
歴史学者。早稲田大学卒業。ジャーナリストを経て外遊後,1925年東北大学文科教授,文化史担当。国文学の研究で名高く,また日本思想史研究の先駆者。主著『日本思想史研究』 (1930) ,『本居宣長』 (11) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むらおか‐つねつぐ〔むらをか‐〕【村岡典嗣】

[1884~1946]思想史学者。東京の生まれ。東北大教授。日本思想史学の開拓者。著「本居宣長」「日本思想史研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村岡典嗣 むらおか-つねつぐ

1884-1946 明治-昭和時代前期の歴史学者。
明治17年9月18日生まれ。波多野精一西洋哲学をまなぶ。大正13年東北帝大教授となり,のち東京文理大教授を兼任,東京帝大などに出講。日本思想史学を確立し,国粋的潮流のなかで厳正な学問的立場をまもった。昭和21年4月13日死去。63歳。東京出身。早大卒。著作に「本居宣長(もとおり-のりなが)」「日本思想史研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

むらおかつねつぐ【村岡典嗣】

1884‐1946(明治17‐昭和21)
日本思想史研究家。東京に生まれ,早稲田大学を卒業したのち,広島高等師範学校教授などを経て,1924年東北大学教授となる。この間ヨーロッパに留学して哲学を学び,新カント学派の文化科学的方法を日本思想史の研究に適用して,《本居宣長》(1911,増訂版1928)や《日本文化史概説》(1938),《日本思想史研究》4巻(1930‐49),《神道史》(1956)など,多くの著作をものし,日本思想史研究に独自の足跡を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村岡典嗣
むらおかつねつぐ
(1884―1946)

思想史学者。東京生まれ。開成中学、早稲田(わせだ)大学卒業(斎藤茂吉(さいとうもきち)・会津八一(あいづやいち)と同級)。竹柏(ちくはく)会の歌人。波多野精一に西洋哲学を学ぶ。1911年(明治44)26歳のとき『本居宣長(もとおりのりなが)』を著し、宣長の人と学問について柔軟かつ厳密な理解を示し、その後発展した日本思想史学の範型的名著とされた。認められて欧州に遊学、帰朝して1923年(大正12)東北帝国大学教授となり、初めて文化史学第一講座日本思想史科を開設した。その後1946年(昭和21)まで23年間、研究の展開と門下の育成に努め、思想史の学問的建設者とされている。国学、蘭学(らんがく)の研究をはじめ、神道(しんとう)史、国体思想、『源氏物語』『愚管抄』、武士道の研究など、先駆的業績はいまも価値を失わない。その方法論は、(1)思想的対象を、それが創出されたそのままに正確に再認識し(文献学的段階)、(2)その対象を同時代や他の時代の作品と比較しつつ理解し叙述する(歴史学的段階)にある。戦前・戦中・戦後で説を改めることはなかった。[原田隆吉]
『『本居宣長』(1911・警醒社/増訂版・1928・岩波書店/平凡社・東洋文庫) ▽村岡典嗣著『日本思想史研究』(1930・岡書院/増訂版・1940・岩波書店) ▽村岡典嗣著『続日本思想史研究』(1939・岩波書店) ▽村岡典嗣著『日本思想史研究 第三、第四』(1948、1949・岩波書店) ▽『村岡典嗣著作集』(1951~1962・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村岡典嗣の関連キーワード早稲田早稲田通り東京都新宿区西早稲田生松敬三鳥井博郎古川哲史補永茂助宮川透《日本政治思想史研究》早稲田大学軍事研究団事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone