コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村松愛蔵 むらまつ あいぞう

2件 の用語解説(村松愛蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村松愛蔵 むらまつ-あいぞう

1857-1939 明治時代の政治家。
安政4年3月2日生まれ。三河(愛知県)田原の人。上京してロシア語をまなび,帰郷して民権派の恒心社を設立。明治17年政府打倒の挙兵をくわだて,7年の刑をうける(飯田事件)。31年衆議院議員(当選4回,政友会)。42年日糖疑獄事件に連座,引退して救世軍にはいった。昭和14年4月11日死去。83歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村松愛蔵
むらまつあいぞう
(1857―1939)

自由民権運動家、政治家。安政(あんせい)4年3月2日、三河(みかわ)国(愛知県)の田原藩士の家に生まれる。1872年(明治5)上京し当時築地(つきじ)にあったニコライ塾に学び、その後外務省所管の魯語(ろご)学校(のち東京外国語学校)に入学し、ロシア語を学ぶかたわら、ロシア思想にも触れた。郷里に戻り、民権政社「恒心社(こうしんしゃ)」を組織し、自由党に投じて活躍した。1881年名古屋に出て、『愛岐日報』の主筆となり、同紙上に「日本国憲草案」を発表するなど、自由民権の説を主張した。自由民権運動が激しさを増した1884年には、ロシア虚無党に倣い、同志を募って挙兵を企てたが、未然に発覚し捕らえられ、翌1885年国事犯として軽禁獄7年の刑に処せられた(飯田(いいだ)事件)。憲法発布による大赦で出獄後は『扶桑(ふそう)新聞』記者として活躍し、その間、朝鮮半島に渡り、またヨーロッパの政情を視察するなどした。衆議院議員を計4期務めたが、1909年(明治42)立憲政友会にあった彼は、日糖疑獄事件に連座し、ふたたび投獄された。出獄後の1910年1月に救世軍兵士となり、後半生は宗教家として社会事業に尽力した。昭和14年4月11日死去。[日比野元彦]
『寺崎修著『自由民権運動の研究――急進的自由民権運動家の軌跡』(2008・慶応義塾大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の村松愛蔵の言及

【飯田事件】より

…1884年(明治17)12月に起こった自由民権運動の激化事件の一つ。愛知県田原の自由党員村松愛蔵,川澄徳次,八木重治らは同年4月ころから立憲政体の樹立を意図し,人心覚醒のため秘密出版を計画し,飯田の愛国正理社桜井平吉らと連絡をとり,8月には自由党本部の協力をもとめ植木枝盛に草案の起草を依頼した。八木は徴兵され名古屋鎮台の一兵卒であったが,営内で若干の同志を組織し,脱営して合流した。…

※「村松愛蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

村松愛蔵の関連キーワード関直彦伊東圭介魚住逸治小田貫一斎藤卯八桜井静鮫島相政征矢野半弥内藤守三松田秀雄

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone