コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田事件 いいだじけん

6件 の用語解説(飯田事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯田事件
いいだじけん

明治政府の専制に抗して,1884年に長野,愛知両県の自由民権派が立てた政府転覆の挙兵計画。秩父事件後の官憲のきびしい追及に,同年 12月事前に発覚,未発に終った。村松愛蔵八木重治ら指導者6名が,内乱陰謀罪で処刑された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いいだ‐じけん〔いひだ‐〕【飯田事件】

明治17年(1884)、愛知・長野両県の自由民権派による政府転覆未遂事件。秩父事件に呼応して、租税軽減・徴兵令廃止などをスローガンに、飯田で挙兵することを計画したが、事前に発覚した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

飯田事件【いいだじけん】

1884年愛知・長野両県の自由党員による挙兵未遂事件。愛知県の村松愛蔵,八木重治,長野県飯田の愛国正理社桜井平吉らが政府の民権運動弾圧に反対し挙兵を計画,名古屋鎮台内に組織をつくり,飯田周辺で起こった農民一揆(いっき)との連係を企て,秩父(ちちぶ)事件を機に蜂起(ほうき)しようとしたが,同事件鎮圧後発覚,主謀者は逮捕された。
→関連項目静岡事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いいだじけん【飯田事件】

1884年(明治17)12月に起こった自由民権運動の激化事件の一つ。愛知県田原の自由党員村松愛蔵,川澄徳次,八木重治らは同年4月ころから立憲政体の樹立を意図し,人心覚醒のため秘密出版を計画し,飯田の愛国正理社桜井平吉らと連絡をとり,8月には自由党本部の協力をもとめ植木枝盛に草案の起草を依頼した。八木は徴兵され名古屋鎮台の一兵卒であったが,営内で若干の同志を組織し,脱営して合流した。また愛国正理社は8月に飯田周辺で一揆を起こした農民を組織し挙兵の準備を進めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いいだじけん【飯田事件】

1884年(明治17)、長野県と愛知県下の自由民権派による政府転覆の蜂起ほうき計画。愛知県田原の士族村松愛蔵らが、長野県飯田において没落農民と連係し蜂起を計ったが発覚。中心人物六名が内乱陰謀罪で処刑された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯田事件
いいだじけん

長野、愛知両県下の自由民権派による挙兵計画。愛知県の旧田原(たはら)藩士族村松愛蔵は、1883年(明治16)春、名古屋区小市場町に公道館を設け、1884年4月ごろから同志八木重治、川澄徳次らと立憲政体樹立のため挙兵計画をたて、檄文(げきぶん)5万部を印刷し、東京、大阪など各地に同時に撒布(さんぷ)することを決定した。川澄は飯田の愛国正理社社長桜井平吉にも同意を求め、また名古屋鎮台看護卒中島助四郎は1884年6月に脱営して、檄文撒布計画を進めるため7月に上京した。その直後に村松、川澄、桜井らも上京したが、檄文印刷の資金が思うにまかせず引き返した。村松らは挙兵方針を貫くため9月から11月にかけて組織活動を続け、八木が起草した檄文を蜂起(ほうき)を呼びかける檄文につくりかえ、愛国義党、自由革命、天誅(てんちゅう)、自由万歳、租税軽減、徴兵令改正、印紙税廃止、貧民救恤(きゅうじゅつ)の旗章を制定した。その直後村松らは田原方面に、川澄は愛国正理社を訪ねて桜井に蜂起の同意を得て遠山地方に赴き、南和田村の正理社員遠山八郎、米山房太郎、米山吉松らに挙兵計画を打ち明けたが、米山吉松が飯田警察署和田分署に密告したため、川澄と正理社幹部小塩周次郎は12月3日飯田署員に逮捕された。桜井は、同志を募るため松本、長野、小諸(こもろ)から軽井沢を歴訪し、帰路、上伊那(かみいな)郡高遠(たかとお)町の同志稲沢鎌八方に立ち寄ったが、稲沢に伊那分署に密告され逮捕された。こうして飯田事件は事前に発覚した。名古屋側では11名が、飯田側では17名が逮捕された。村松、八木、川澄、桜井、江川甚太郎、中島の6名は内乱陰謀罪で軽禁獄7年から1年の刑、他は無罪放免された。[後藤 靖]
『後藤靖著「飯田事件裁判記録」(『立命館法学』所収・1957) ▽手塚豊著『自由民権裁判の研究 中』(1982・慶応通信)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯田事件の関連キーワード犬塚興恕十月革命秩父事件出来事わっぱ騒動叛乱シス-トランステスト泉伍朗塩釜正吉吉野銓三

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone