コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜順 とじゅんDu Shun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杜順
とじゅん
Du Shun

[生]永定1(557)
[没]貞観14(640).11.
中国,唐の僧。華厳宗の第1祖。名は法順,姓は杜氏。長安地方で生れ,18歳で出家し,のちに終南山に隠棲して『五教止観』『法界観門』などを著わした。徳行が高く唐の太宗に招かれたという。現在では華厳宗の思想体系に貢献したことよりも,実践の宗教家と考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

杜順【とじゅん】

中国,隋〜初唐の仏僧。華厳宗開祖。諱(いみな)は法順。俗姓が杜氏であったので,杜順という。18歳で出家し,因聖寺僧珍に学ぶ。のち終南山に隠棲(いんせい)した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とじゅん【杜順 Dù Shùn】

557‐640
中国,隋・唐代の僧。僧名は法順。俗姓で通称さる。雍州万年(陝西省長安県)の人。18歳で出家し隋の文帝に重んぜられた因聖寺僧珍に師事,のち終南山にて華厳を宣揚,唐の太宗は禁中に招き徳を仰ぎ,また貴顕こぞって帰依したという。640年(貞観14),義善寺に入寂したが,諸方を遊行して教化に当たり,華厳宗の開祖と称された。その著《華厳法界観門》は華厳の根本経典となり,彼の弟子で華厳第2祖の智儼撰《華厳一乗十玄門》によって発展拡充された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杜順
とじゅん
(557―640)

中国唐初の僧。華厳(けごん)宗の初祖。敬称は帝心(ていしん)尊者。諱(いみな)は法順(ほうじゅん)。雍(よう)州(陝西(せんせい)省)万年県の人。18歳で出家し、因聖(いんしょう)寺僧珍(そうちん)に師事して禅定(ぜんじょう)を学び、さまざまの神異を現した。やがてその名は宮中にも届き、一説には632年(貞観6)太宗(李世民)から「帝心」の号を賜ったという。没後、華厳宗第一祖とされ、また、文殊(もんじゅ)の化身(けしん)とみなされるに至った。著書として『法界観門(ほっかいかんもん)』1巻が伝えられるが、疑問が多い。[木村清孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

杜順の関連キーワード五教十宗澄観七祖