コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東之宮古墳 ひがしのみやこふん

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしのみやこふん【東之宮古墳】

愛知県犬山市犬山町白山平に所在する前方後方墳。愛知,岐阜の県境をなす木曾川東岸に沿ってのびる愛岐丘陵の頂部に,北西面して築かれ,眼下に濃尾平野をのぞむ。全長78m,後方部の1辺47m,前方部幅43mを測る。後方部に2基,前方部に1基の埋葬施設が確認できる。いずれも古墳の主軸に平行する。このうち後方部の1基が盗掘されたために,1973年久永春男らがこれを発掘調査して,竪穴式石室から鏡,硬玉勾玉(まがたま),碧玉管玉(くだたま),碧玉製腕飾類,石製合子(ごうす),刀剣,槍,農工具類などを検出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

ひがしのみやこふん【東之宮古墳】


愛知県犬山市犬山にある古墳。犬山市街地の北東、木曽川左岸に長く延びる標高143mの白山平(はくさんびら)山頂、いわゆる愛岐丘陵北西端に位置する前方後方墳。愛知県下でも最古の部類に属する古墳で、築造年代は3世末~4世紀初頭と考えられ、前方には東之宮社があって社の後方が古墳の前方部に該当する。墳丘は長さ約72m、後方部48m×49m、高さ8m、前方部幅43m、高さ6mで、前方部を北西に向けている。前方部西端部が盗掘によって破壊されているが、前方後方形が残っており、とくに北側斜面はもとの形をほぼそのまま留めていると思われる。後方部に2ヵ所、前方部に1ヵ所ある埋葬施設のうち、1973年(昭和48)に発掘された後方部の1ヵ所は、割り石小口積みの竪穴(たてあな)式石室(長さ4.8m、幅96cm)であることが明らかになった。石室内面の壁は小さな礫(れき)を積み重ね、表面はベンガラで赤く塗られていて、天井は7枚の扁平な板石の上を粘土で覆っている。竪穴式石室から出土した副葬品は、三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)をはじめ鏡11面や玉類、碧玉(へきぎょく)製品のほか多量の鉄製品などさまざまで、1978年(昭和53)にすべてが重要文化財に指定されている。この古墳は濃尾平野周辺部の代表的な前期古墳とされ、学術的価値が高いことから1975年(昭和50)に国の史跡に指定された。名鉄各務原線犬山遊園駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android