コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東巌慧安 とうがんえあん

3件 の用語解説(東巌慧安の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東巌慧安
とうがんえあん

[生]嘉禄1(1225).播磨
[没]建治3(1277).11.3. 鎌倉
鎌倉時代臨済宗の僧。初め書写山に入って天台宗を修め,次いで泉涌寺 (せんにゅうじ) で律宗を学び,宋に渡るため博多におもむいたが,悟空敬念に会って禅宗に帰依し,のち兀庵普寧 (ごったんふねい) についてその法を継いだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東巌慧安 とうがん-えあん

1225-1277 鎌倉時代の僧。
嘉禄(かろく)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。宋(そう)(中国)へわたろうとして博多で悟空敬念にあい,天台から禅門にはいる。入宋をやめ,鎌倉建長寺の兀庵普寧(ごったん-ふねい)の法をつぐ。文永5年京都の正伝寺,のち安達泰盛(やすもり)の創建した鎌倉聖海(しょうかい)寺の開山(かいさん)。建治(けんじ)3年11月3日死去。53歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。諡号(しごう)は宏覚禅師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

東巌慧安

没年:建治3.11.3(1277.11.29)
生年:嘉禄1(1225)
鎌倉後期の臨済宗の僧。播磨国(兵庫県)生まれ。書写山円教寺で剃髪受具し,天台を学ぶ。正嘉1(1257)年宋に渡ろうとして博多に行くが,悟空敬念に会い師事し,渡宋をやめる。さらに,鎌倉建長寺に行き宋よりきた兀庵普寧に参禅し,その法を嗣ぐ。京都に戻りその名声は高まり,聖護院執事静成法印の帰依を受け,一条今出川に正伝寺を開くが,比叡山の衆徒らの恨みを買い,堂舎を破却される。蒙古襲来の際は,祈祷を凝らし,「すゑの世の末の末までわか国は よろづのくにゝすぐれたる国」の歌は有名である。安達泰盛の帰依を受け鎌倉の聖海寺で没する。

(原田正俊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東巌慧安の言及

【正伝寺】より

…吉祥山と号する。来日した中国の禅僧兀庵普寧(ごつたんふねい)の高弟だった東巌慧安(とうがんえあん)を開山として,1268年(文永5)一条今出川(現在の京都御所北東付近)に開創,82年(弘安5)現地に移った。開山慧安は元寇にあたって石清水八幡宮に蒙古降伏を参籠祈願し,亀山上皇の賞をえて正伝護国寺の号を下賜されたことは史上に有名であり,このときの東巌禅師筆蒙古降伏起請文(重要文化財)も伝蔵されている。…

※「東巌慧安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東巌慧安の関連キーワード正韵拙叟宗益淡海昌敬大順宗慎宙外玄杲東海宗朝福島慶道万輝宗旭広叔元運済家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone