コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東条操 とうじょうみさお

7件 の用語解説(東条操の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東条操
とうじょうみさお

[生]1884.12.14. 東京
[没]1966.12.18. 東京
国語学者。 1910年東京帝国大学国文科卒業。静岡高等学校,広島高等師範,学習院教授を経て 49年学習院大学教授。このほかに東洋大学東京大学などでも方言学を講じ,日本における方言学の基礎を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうじょう‐みさお〔トウデウみさを〕【東条操】

[1884~1966]国語学者。東京の生まれ。日本の方言学の基礎を築いた。編著「方言と方言学」「全国方言辞典」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東条操【とうじょうみさお】

国語学者。東京生れ。東大国文卒。東大講師,学習院大教授等を歴任。日本の方言研究を開拓,方言学の基礎を築く。主著《南島方言資料》《方言と方言学》《全国方言辞典》等。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東条操 とうじょう-みさお

1884-1966 大正-昭和時代の国語学者。
明治17年12月14日生まれ。旧制静岡高,広島高師,学習院,東洋大の教授を歴任。昭和2年「大日本方言地図・国語の方言区画」を刊行,方言区画論を提唱して日本の方言研究の基礎をきずく。6年雑誌「方言」を創刊。15年日本方言学会を創立。昭和41年12月18日死去。82歳。東京出身。東京帝大卒。旧姓は村松。編著に「全国方言辞典」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

とうじょうみさお【東条操】

1884‐1966(明治17‐昭和41)
国語学者。村松秀茂の長男として東京浅草に生まれる。1910年東京帝国大学文科大学国文学科卒業。国語調査委員会嘱託,静岡高等学校,広島高等師範学校,学習院大学等の教授,東大その他の講師を歴任した。全国的な視野からする日本方言学の確立に功績があり,方言区画論がその学問の中核であった。また日本方言学会等の中心として各地の研究家にひろく影響を及ぼした。おもな編著書に《南島方言資料》《方言と方言学》《全国方言辞典》《日本方言学》,また《国語学新講》等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうじょうみさお【東条操】

1884~1966) 国語学者。東京生まれ。東大卒。日本の方言研究の基礎を築いた。著「方言と方言学」「国語学新講」「全国方言辞典」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東条操
とうじょうみさお
(1884―1966)

国語学者。東京生まれ。東京帝国大学国文学科卒業。広島高等師範学校、学習院大学などの教授や東大講師を歴任。日本語の方言の学問的研究の基礎を築き、指導的立場にあった。おもに各地の方言文献を基に全国にわたっての研究を行い、方言区画論を展開した。著書に『南島方言資料』(1923)、『日本方言地図 国語の方言区画』(1927)、『方言と方言学』(1938)のほか、大岩正仲(まさなか)の協力による『全国方言辞典』『標準語引分類方言辞典』がある。[安田尚道]
『東条操編『全国方言辞典』(1951・東京堂出版) ▽東条操編『標準語引分類方言辞典』(1954・東京堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東条操の言及

【国語学】より

…早くから問題となってきたのは,方言区画論であったが,それをアクセントの境界線に従って論ずる試みも示された。国語学者として,終始,方言の研究を育成してきたのは東条操で,彼は,長年にわたって収集した資料を,戦後,方言辞典の形にまとめて刊行した。また優秀な学者たちを動員して,《日本方言学》を編み,ここに,方言研究は,一応の総決算を見るにいたった。…

※「東条操」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東条操の関連キーワード時枝誠記語学滝精一日本語学井上翠岡田正美熊沢竜文廼屋秀茂村松秀直山口小太郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone