コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東金[市] とうがね

百科事典マイペディアの解説

東金[市]【とうがね】

千葉県中部の市。1954年市制。九十九里平野中央部を占め,西部は下総(しもうさ)台地の一部。中心市街は徳川家康東金御殿所在地,市場町,上総(かずさ)木綿の問屋制家内工業の中心地として栄えた。
→関連項目東金街道

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうがね【東金[市]】

千葉県中部の市。市域は九十九里平野と両総台地にまたがる。1954年市制。人口5万4520(1995)。中心の東金は戦国時代酒井氏が鴇ヶ峰(ときがみね)に東金城を築き,城下町を建設してから発展した。江戸時代は幕府の東金代官所が置かれ,東金御殿もあった。御殿は徳川家康が鷹狩の際の宿舎としたもので,秀忠,家光も利用したが,寛文年間(1661‐73)ころ取り壊されたという。市街は千葉に至る東金街道の宿場町であり,付近で盛んな上総木綿の問屋制家内工業の中心地でもあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

東金[市]の関連キーワード下総台地

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android