コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松尾宗二 まつおそうじ

百科事典マイペディアの解説

松尾宗二【まつおそうじ】

江戸中期の茶人。通称治兵衛。表千家第6世宗左に師事松尾流を開く。東海地方に普及。著書《幣箒(ぬさぼうき)記》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

松尾宗二

没年:万治1.5.24(1658.6.24)
生年:天正7(1579)
江戸初期の京都の数寄者。茶道松尾流の流祖として位置づけられる。通称甚助,物斎と号した。祖父の辻玄哉は連歌師として知られ,武野紹鴎に茶を学んだ。父五助等政が松尾を姓とした。千宗旦に師事して,楽只軒の額,「楽只」と命銘した茶杓と竹花入を与えられ,この3種の茶器が松尾家の立派の根源となっている。また同家の6世に宗二(1622~1752)があり,松尾家ではこの宗二を松尾流の初代としている。名古屋に地縁を持つのは6世宗二からで,『敝帚記』(1722)の著作がある。<参考文献>井口海仙他編『日本の茶家』

(戸田勝久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつおそうじ【松尾宗二】

1579‐1658(天正7‐万治1)
江戸初期の茶匠。宗旦の弟子。通称甚助。物斎,楽只軒(らくしけん)と号す。松尾家は辻玄哉(つじげんさい)の子五助が,母方の姓をとって松尾と改めたのに始まる。玄哉は天正年間(1573‐92)初期まで在世した連歌師で,茶は武野紹鷗(じようおう)の弟子といわれ,利休に台子古法を授けたほどの茶人で,宗二はこの孫。さらに宗二の曾孫がのちに松尾流茶道を開く1世宗二(1677‐1752)。松尾宗二が師の宗旦から贈られた楽只三種,すなわち楽只軒の扁額,銘楽只の一重切花入,同銘の茶入は松尾家の家宝とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松尾宗二
まつおそうじ
(1579―1658)

江戸前期の茶人。物斎、楽只軒(らくしけん)と号す。千宗旦(せんのそうたん)の弟子。松尾家は京の呉服商・茶人辻玄哉(つじげんさい)の子等政(とうせい)五助が母方の姓を襲ったのに始まる。五助の子が宗二。熱烈な法華(ほっけ)信者で、徳川家康の弾圧で対馬(つしま)配流となった日奥(にちおう)は一族辻藤兵衛(とうべえ)の子であり、その赦免の際には宗二も弟子日習(にっしゅう)に従い渡島している(1612)。宗旦について茶を修め、ほぼ同年齢ながら四天王の一人とされることもある。宗旦より楽只三種(扁額(へんがく)「楽只軒」の本紙、一重切花入と茶杓(ちゃしゃく)、ともに銘楽只)を与えられている。松尾家が名古屋に居を移したのは幕末のことである。[村井康彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の松尾宗二の言及

【松尾流】より

…江戸中期に成立した茶道流派。千宗旦の高弟,楽只軒(らくしけん)松尾宗二(1579‐1658)の曾孫宗二が開いた一派だが,遠祖辻玄哉が武野紹鷗の弟子であったので玄哉をもって初代とし,その子辻五郎(のち松尾と改名)を2代,宗旦の弟子楽只軒宗二を3代,正行院宗政を4代,真行院宗俊を5代,そして宗俊の養嗣松尾流1世宗二を6代とし,爾来当代11世16代に至る。ちなみに1世宗二(1677‐1752)は通称治兵衛,名を重賢といい,京都に住んで茶法を表千家6世覚々斎宗左に学んだが,のち名古屋に移り,茶道を広めた。…

※「松尾宗二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松尾宗二の関連キーワード松尾楽只齋

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android