コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応用心理学 おうようしんりがくapplied psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応用心理学
おうようしんりがく
applied psychology

心理学の基礎理論を広く実際の問題の解決に応用し,ひいては他の諸科学にも応用しようとする心理学分野臨床心理学産業心理学教育心理学犯罪心理学交通心理学動物心理学,家族心理学などがこれに属し,主としてカウンセリング職業指導労務管理などに応用している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうよう‐しんりがく【応用心理学】

心理学、特に実験心理学の研究方法や成果を、産業・政治・司法・教育・臨床などの実用面に応用する心理学の一分野。産業心理学・教育心理学・臨床心理学・犯罪心理学など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おうようしんりがく【応用心理学】

基礎的,理論的,実験的な心理学の方法と成果の応用をめざす心理学の一分野。ただし,〈日常生活の環境の中の人間科学である〉とする立場もある。現在では心理学の知見を活用しようとする分野は広く,教育,産業,臨床,社会福祉,裁判,犯罪,政治,経済にまで及び,心理学的研究のほとんどすべてが応用的領域と無関係とはいえなくなっており,純粋心理学と一線を画しがたい。とくにアメリカにおける情勢は,実社会の要望に応じて応用心理学が発達し,実際問題の中から実験室では気づかれない根本問題を発見し,それが純粋心理学の研究を刺激助長している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おうようしんりがく【応用心理学】

心理学のうち、主に実験心理学の原理・方法・結果を実際的問題や日常生活に応用しようとする心理学の一分野。産業心理学・犯罪心理学・教育心理学・臨床心理学など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応用心理学
おうようしんりがく
applied psychology

心理学の原理や発見を現実生活に役だてようとする学問領域。産業、教育、臨床などが主要な分野であるが、政治、経済、経営、社会福祉、災害、交通、犯罪、文化などの分野もある。応用心理学の研究は心理学の基礎的研究にも役だつので、両者の関係は相補的であり、その区別は研究者の課題意識の違いにすぎない場合が少なくない。[宇津木保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

応用心理学の関連キーワードH. ミュンスターバーグ芸術心理学・藝術心理学横山松三郎(心理学者)ミュンスターバーグウォルター メーデ日本応用心理学会フリッツ ギーゼソシオメトリーH. ピエロンウラジカフカス東京成徳大学松本亦太郎リッカートロージャズ災害心理学梶原しげる裁判心理学航空心理学渡辺 徹ピエロン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android