コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉勝重 いたくらかつしげ

8件 の用語解説(板倉勝重の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板倉勝重
いたくらかつしげ

[生]天文14(1545).三河,額田
[没]寛永1(1624).4.29. 京都
江戸時代初頭の幕臣。伊賀守。幼少の頃は僧であったが,肉親の戦死のため還俗して家を継いだ。天正 14 (1586) 年,徳川家康が駿府に入ってから駿府町奉行を命じられ,治績を認められて関東入部に際して江戸町奉行になり,関東代官を兼ねた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いたくら‐かつしげ【板倉勝重】

[1545~1624]江戸初期の幕臣。徳川家康に信任され、駿府(すんぷ)町奉行・江戸町奉行・関東郡代京都町奉行京都所司代を歴任。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

板倉勝重【いたくらかつしげ】

江戸初期の譜代大名。徳川家康に仕え,駿府町奉行(ぶぎょう),江戸町奉行(関東郡代を兼任)を経て,1601年京都所司代に起用された。大坂の陣では豊臣氏対策に重要な役割を果たし,また朝廷への幕府権力拡大に努めて名所司代と称された。
→関連項目板倉氏四座雑色

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉勝重 いたくら-かつしげ

1545-1624 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)14年生まれ。禅僧であったが,父好重と弟(兄とも)定重の戦死により還俗(げんぞく)して家督をつぎ,徳川家康につかえる。駿府(すんぷ)・江戸の町奉行をへて,慶長8年京都所司代となる。以心崇伝とともに公家・寺社の統制をはかり,朝廷や西国への徳川政権の勢力浸透につとめる。近江(おうみ)・山城などに1万6000石余を領した。寛永元年4月29日死去。80歳。三河(愛知県)出身。
【格言など】国を治むるには,方(かく)なる器に味噌を入れ,丸き杓子にて取る様に行ひ給ふことよし(池田光政への助言)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

板倉勝重

没年:寛永1.4.29(1624.6.14)
生年:天文14(1545)
江戸前期の初代京都所司代。幼少時に出家したが,父好重らが討死したため,還俗して家を継ぐ。天正14(1586)年9月,徳川家康が駿府城に移ったとき,駿府の町奉行を務め,同18年8月,関東に移ったときは,関東の代官,小田原の地奉行,江戸の町奉行を兼任。慶長6(1601)年9月,米津清勝らと共に京都の町奉行となる。同8年2月,家康将軍宣下のとき,伊賀守に叙任,京都所司代となった。同14年加増され,都合1万6610石。当時京都や畿内は豊臣氏の勢力範囲であったから,豊臣氏の奉行らと協力しながら,検察や裁判を行うとともに,豊臣氏や西国大名の動静を家康に報告していた。また,若手公家と宮中女官の密通事件(猪熊事件)を契機に朝廷の監察をも行い,同17年からは,公家諸法度,勅許紫衣・諸寺入院法度の制定に参与,京都における徳川勢力の伸張の立役者となった。豊臣氏滅亡後は,名実ともに幕府の西国における総責任者となり,秀忠の娘東福門院和子の入内のときは,内裏造営の総責任者を務めた。勝重は,徳川氏勢力の弱体な京都に小身の大名として派遣されたので,非常に細心な注意を払って行政に当たった。その政治や裁判は,『板倉政要』という書物に記録されているが,卓越した政治手腕と名裁判官ぶりがうかがえる。京都堀川の自邸で没す。妻は粟生永勝の娘。<参考文献>『京都の歴史』4巻

(山本博文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いたくらかつしげ【板倉勝重】

1545‐1624(天文14‐寛永1)
江戸初期の譜代大名。京都所司代。三河国額田郡に生まれ,幼年出家し香誉宗哲と称したが,父と兄が戦死したため1581年(天正9)還俗し家を継いだ。86年,徳川家康が駿府に居を移したとき,駿府町奉行となり,90年家康の関東転封に際しては,駿府での業績を買われ江戸町奉行となり,関東代官を兼ねた。ついで1601年(慶長6)京都所司代となり,03年に家康が征夷大将軍に就任すると同時に,従五位下伊賀守に叙任された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いたくらかつしげ【板倉勝重】

1545~1624) 江戸初期の幕臣。三河の人。都市行政に才幹を発揮し駿府町奉行・江戸町奉行を歴任。1601年以後18年間京都所司代を務めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板倉勝重
いたくらかつしげ
(1545―1624)

江戸幕府の初代京都所司代。伊賀守(いがのかみ)。三河(みかわ)、山城(やましろ)、近江(おうみ)のうち1万6000余石を領す。三河国(愛知県)額田(ぬかだ)郡小美(おみ)村に好重(よししげ)の二男として生まれる。幼くして出家し、香誉宗哲(こうよそうてつ)と号して中島村の永安寺に住したが、父および兄弟が相次いで戦死したため、徳川家康の命により還俗(げんぞく)して板倉家を継いだ。甚平のち四郎左衛門と通称する。家康に重用され、駿府(すんぷ)町奉行(ぶぎょう)や、関東移封後は江戸の町奉行などを歴任。関ヶ原の戦い以降は京都関係の政務を担当、1603年(慶長8)の江戸開幕に伴い名実ともに所司代となって政治的手腕を発揮した。対朝廷対策や畿内(きない)近国の民政にも細部にわたって関与したが、反徳川勢力の制圧や西国大名の統制など軍事的性格の強い施策が基調であった。[鎌田道隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の板倉勝重の言及

【板倉氏新式目】より

…江戸時代初頭,京都所司代板倉勝重が制定したと伝えられる京都支配の掟書。《板倉父子公事裁許定書》《板賀州掟覚書》ともいう。…

【所司代】より

…1600年(慶長5),関ヶ原の戦後の京都支配は事実上徳川氏の手に握られることになり,残敵一掃と京都の治安維持のために奥平信昌が所司代となった。しかしその支配はわずか半年で終わり,そのあとは加藤正次と前田玄以のもとで京都支配にあたっていた松田政行に受け継がれ,ついで01年8月からの板倉勝重と松田政行とによる体制を経て,家康が将軍宣下を受けた03年2月以降板倉勝重による単独支配が始まり,ここに江戸幕府の京都所司代が確定する。そして二条城の北に所司代屋敷が設けられた。…

【本朝桜陰比事】より

…各章〈昔,京の町〉云々という書出しで始まり,洛中洛外に起こった事件を奉行が解決し,判決を下す説話で,推理小説でもある。奉行名は明示していないが,京都所司代板倉勝重・重宗の父子が想定できる。また,2人の裁判話として世に伝えられているものを含む。…

※「板倉勝重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

板倉勝重の関連キーワード板倉重宗板倉政要京都所司代禁裏付二条定番土井利里戸田忠寛永井直清那波屋十右衛門牧野親成

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

板倉勝重の関連情報