コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染む/沁む/浸む/滲む シム

5件 の用語解説(染む/沁む/浸む/滲むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し・む【染む/×沁む/浸む/×滲む】

[動マ五(四)]
染みる」に同じ。「寒さが身に―・む」
「花の香は散りにし枝にとまらねどうつらむ袖にあさく―・まめや」〈・梅枝〉
「吹きくる風も身に―・まず」〈平家・五〉
色などに染まる。
「蓮葉(はちすば)のにごりに―・まぬ心もてなにかは露を玉とあざむく」〈古今・夏〉
深く心を寄せる。
「我心ながら、いとかく人に―・む事はなきを」〈・夕顔〉
[動マ上二]し(染)みる」の文語形。
[動マ下二]し(染)める」の文語形。

じ・む【染む】

[接尾]じみる

しゅ・む【染む】

[動マ四]《「しむ」の音変化》
しみる。刺激を受けて痛む。
「朝嵐が身に―・んで、さうさうといたしたが」〈伎・伊賀越〉
盛んになる。佳境に入る。
「今宵ほど咄(はなし)の―・んだ事もなければ」〈浮・万金丹・三〉
陰気になる。沈んでくる。
「どうやらお座敷が―・んできたさかい」〈滑・膝栗毛・八〉
みすぼらしくなる。けちくさくなる。地味である。
「そないに垢(あか)じみた、―・んだなりしてぢゃさかい」〈滑・膝栗毛・八〉

そ・む【染む】

[動マ五(四)]
色が他のものについたり、しみ込んだりする。そまる。
「のび上がって、血に―・んだ太刀をふりかざした」〈芥川・偸盗〉
他から影響・感化を受ける。そまる。
「汚濁(おじょく)に―・んだ今の身の上を」〈宇野浩二・苦の世界〉
(現代語では、多く打消しの語を伴い)深く感じる。強く心がひきつけられる。「心に―・まない縁談」「意に―・まない仕事」
「歓喜涙(くわんぎなんだ)こぼれて渇仰肝に―・む」〈平家・七〉
病気になる。感染する。
「はかなくて病ひにさへ―・ませ給ふ由」〈読・雨月・木備津の釜〉
[動マ下二]そ(染)める」の文語形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そむ【染む】

( 動五[四] )
染まる。 「あけに-・みて半死半生/西洋道中膝栗毛 魯文
影響を受ける。心に深く感じる。 「卑屈と申す習慣ならわしに-・みて/民権自由論 枝盛」 「病ニ-・ミタ/ヘボン」 「此の所を見るに、心深く-・みて更にほかの念ひなし/今昔 11
打ち消しの語を伴って、自分の気持ちになじまない、気にいらない意を表す。 「意に-・まぬ結婚」 「お前と私が間を心に-・まぬ雲霧に隔てさせてはならぬ/谷間の姫百合 謙澄」 〔「染める」に対する自動詞〕
( 動下二 )
そめる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

染む/沁む/浸む/滲むの関連キーワード思い悩む刻み込む鞍替えごそり皺む深む移染入れ代る啄むテンダーネス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone