コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染める シメル

4件 の用語解説(染めるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し・める【染める】

[動マ下一][文]し・む[マ下二]
色にそまるようにする。また、においなどを深く入り込ませる。「煮―・める」「たき―・める」
「香の紙のいみじう―・めたる」〈・三六〉
深く感じ入れさせる。強く心を引かれる。
「花の枝にいとど心を―・むるかな人のとがめむ香をばつつめど」〈・梅枝〉

そ・める【染める】

[動マ下一][文]そ・む[マ下二]
染料などを使って色をつける。また、しみこませて色や模様をつける。「髪を―・める」「セーターを赤く―・める」
光などが、あたりの色を変える。ある色にする。「紅葉が照り輝くように野山を―・める」「夕日が家々の白壁を赤く―・めている」
(恥ずかしさなどのために)顔を赤らめる。「恥じらいでほおを―・める」
そのことに関心を寄せる。思いを深くする。「陶器に心を―・める」
(「手をそめる」の形で)あることにとりかかる。着手する。「悪事に手を―・める」
(「筆をそめる」の形で)書きはじめる。また、(筆で)絵や字を書く。「小説に筆を―・める」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しめる【染める】

( 動下一 ) [文] マ下二 し・む
色や匂いをつける。しみこませる。現代語では、動詞の連用形に付いて複合動詞として用いられる。 「煮-・める」 「香をたき-・める」 「浅からず-・めたる紫の紙に/源氏 明石
心などを、じっとそこに込める。心を奪われる。 「花の枝にいとど心を-・むるかな/源氏 梅枝」 〔「染む」に対する他動詞〕

そめる【染める】

( 動下一 ) [文] マ下二 そ・む
布などを染料に浸すなどして色や模様をつける。染色する。また、塗って色をつける。 「布を藍あいで-・める」 「髪を茶色に-・める」 「爪を-・める」
光などが当たって、別の色に見せる。 「夕焼けが山肌を真っ赤に-・めた」
顔を赤らめる。 「恥ずかしさに頰ほおを-・める」 「顔に紅葉を-・めながら亮三をぢろりと見上げ/谷間の姫百合 謙澄
(「手をそめる」などの形で)その事に着手する。 「悪事に手を-・める」
(「筆をそめる」の形で)書き始める。執筆にとりかかる。
心に深く思い込む。 「とにかくに(大君ニ)心を-・めけむだにくやしく/源氏 総角」 〔「染む」に対する他動詞〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

染めるの関連キーワード赤める翳める皺める初める高める弛める悩める低める平める辞める

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

染めるの関連情報