染・沁・浸・滲(読み)しみる

精選版 日本国語大辞典の解説

し・みる【染・沁・浸・滲】

〘自マ上一〙 し・む 〘自マ上二〙
① 液体が物にぬれ通る。しみこむ。また、よごれがついてなかなかとれない状態になる。しむ
※蜻蛉(974頃)下「かたしきし年はふれどもさごろもの涙にしむる時はなかりき」
② 深く心に感じる。しみじみと心にはいりこむ。しむ。
※ぎやどぺかどる(1599)下「堅く凝りしみたる悪の僻なる妄執を」
③ 刺激がからだにこたえる。また、気体や液体などの刺激で、苦痛を覚える。しむ。
源氏(1001‐14頃)薄雲「君もさはあはれをかはせ人知れず我が身にしむる秋の夕風」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「天窓(てんてん)からお湯を浴ては今のやうに目へ染(シミ)ます」
④ なじみになる。ほれこむ。しむ。
※評判記・吉原すずめ(1667)上「惣じて、しみるぞふかくなるぞといふも、つゐにはうけらるべきとおもふ男にならでは、なき事と見へたり」
⑤ 物事が佳境に入る。興が増す。しむ。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)江戸「夜に入ほど酒事染(シミ)て、よいきげん過る時」
⑥ 影響を受けてその傾向に染まる。「悪習にしみる」
※洒落本・舌講油通汚(1781)「もはや馴染に至りては、しみたる身の上をあかし」
[補注]古くはマ行四段の「しむ」が使われたが、のち、マ行上二段(上一段)活用が現われ、以後並用されるようになる。現代でもまれに四段活用の例がみられるが、連用形は両活用同形で区別ができない。便宜上、近世の口語体の例、および現代の例は上一段活用として扱った。

し・む【染・沁・浸・滲】

[1] 〘自マ四〙
① ある色や濁りなどに染まる。
※万葉(8C後)八・一六四四「引き攀(よ)ぢて折らば散るべみ梅の花袖に扱入(こきれ)つ染(しま)ば染(しむ)とも」
② 液体に十分ひたる。また、液体がぬれ通る。しみこむ。しみる。
※万葉(8C後)三・三四三「なかなかに人とあらずは酒壺に成りにてしかも酒に染(しみ)なむ」
③ におい、味などが深く入りこむ。また、よごれなどが付着してなかなかとれない状態になる。しみる。
※古今(905‐914)春上・三五「梅の花立ちよるばかりありしより人のとがむる香にぞしみぬる〈よみ人しらず〉」
④ 深く心に感じる。しみじみと心にはいりこむ。しみる。
※源氏(1001‐14頃)浮舟「心細さは、いと深うしみにければ」
⑤ 強く心を寄せる。また、繰り返し行なって親しむ。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「我心ながら、いとかく人にしむ事はなきを、いかなる契にかはありけん」
⑥ 刺激がからだにこたえる。また、液体や塩分の刺激で痛みを覚える。しみる。
※枕(10C終)一九八「暁に格子、妻戸をおしあけたれば、嵐のさと顔にしみたるこそ、いみじくをかしけれ」
⑦ なじみになる。ほれこむ。夢中になる。しみる。
※甲陽軍鑑(17C初)品一三「氏康にしみ、此君の用にたち、討死仕る命、少も惜からずと」
⑧ しみじみと落ち着いた雰囲気(ふんいき)になる。その場にしっくり合う。
※古今著聞集(1254)五「管絃のよくしみぬるときは、心なき草木のなびける色までも、かれにしたがひてみえ侍なるやうに」
⑨ 物事が佳境に入る。興が増す。また、うちとけてよい気分になる。しみる。
※弁内侍(1278頃)建長四年七月二六日「連歌ひとをりかかせむとて発句せさせおはします。兵衛督殿ぞ書き給ひし。弁・少将ただ三人なればいとしまず」
⑩ 陰気になる。しんみりと沈みがちになる。
※談義本・つれづれ睟か川(1783)四「すべて遊びといふときは、鬱散が第一なれば、何事もうちわすれて、さわぐのが茶屋のならひ、たいこもちもしまぬが上手」
⑪ 所帯持ちの苦労が身についたさまになる。所帯じみる。
※浄瑠璃・いろは蔵三組盃(1773)八「金より何より大切な、此子宝を育てるはいな。扨は子迄へり出したか。夫では彌(いよいよ)しまねばならぬ」
[2] 〘自マ上二〙 ⇒しみる(染)
[3] 〘他マ下二〙
① 色に染まるようにする。色をつける。
※歌経標式(772)「秋山の黄葉(もみちば)自牟留(シムル)白露のいちじろきまで妹に会はぬかも」
② においなどを深く入り込ませる。
※枕(10C終)三六「香の紙のいみじうしめたる、にほひいとをかし」
③ 深く心に感じさせる。十分わからせる。また、強く思う。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「昼はいと人しげく〈略〉心あわたたしければ、夜々なむ静かに事の心もしめ奉るべきとて」
④ (心を)対象に深く入れこむ。うちこむ。
※源氏(1001‐14頃)若紫「あぢなき事に心をしめて生ける限りこれを思ひなやむべきなめり」
[補注]近世になると上一段活用の「しみる」が並用されるようになるが、連用形は四段活用と同形で区別しにくいので、近世の文語体の例は四段活用、口語体の例は上一段活用として扱った。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android