柳子新論(読み)リュウシシンロン

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうししんろん【柳子新論】

山県大弐著。1巻。江戸中期の思想書・政道論。1759年(宝暦9)の成立。正名をはじめとして,得一,人文,大体,文武,天民,編民,勧士,安民,守業,通貨,利害,富強の13編より成る。全編を通じて朱子学的大義名分論に貫かれ,尊王斥覇思想によって幕藩体制下の政治・経済・社会状況を激しく批判している点に特徴がある。大弐自身は世をはばかって,みずからの著作とは認めず先人の作としている。【今井 修】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうししんろん【柳子新論】

江戸中期の思想書。一冊。山県大弐著。1759年成立。朱子学的大義名分論に基づいた尊王思想を唱え、幕府を批判した書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳子新論
りゅうししんろん

江戸中期の思想家山県大弐(やまがただいに)の代表的著作。竹内式部(たけのうちしきぶ)らが幕府批判のゆえをもって処罰されたこと(宝暦(ほうれき)事件)を契機に、幕府の存在そのものへの批判を込めて1759年(宝暦9)成立。正名(せいめい)、得一、人文、大体、文武、天民、編民、勧士、安民、守業、通貨、利害、富疆(ふきょう)の13篇(ぺん)からなる。大弐の父が20余年前旧宅跡から掘り出した古書で織田時代を模して書かれたとしているが、尊王斥覇(せきは)思想を根底に、天下の権を握る幕府・将軍家が大義名分の大道を忘れているゆえんを繰り返し述べ、これにかわる新たな為政者の出現を希望するという倒幕への実践的意欲を示した。1767年(明和4)の大弐処刑(明和(めいわ)事件)の原因をなす。[山口宗之]
『広瀬広一編『山県大弐遺著』(1914・甲陽図書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅうししんろん リウシシンロン【柳子新論】

江戸中期の政治論。一巻。山県昌貞(大弐)著。宝暦九年(一七五九)成立。柳子という架空の人物の所見の紹介という形をとり、朱子学的大義名分論にのっとり、幕政を批判、勤皇思想を鼓吹する。幕末の討幕論の先駆的論述の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android