コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳子新論 リュウシシンロン

4件 の用語解説(柳子新論の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅうししんろん〔リウシシンロン〕【柳子新論】

江戸中期の思想書。1巻。山県大弐著。宝暦9年(1759)成立。柳子という架空の人物に託し、朱子学大義名分論の立場から幕府を批判し、勤王思想を主張した書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうししんろん【柳子新論】

山県大弐著。1巻。江戸中期の思想書・政道論。1759年(宝暦9)の成立。正名をはじめとして,得一,人文,大体,文武,天民,編民,勧士,安民,守業,通貨,利害,富強の13編より成る。全編を通じて朱子学大義名分論に貫かれ,尊王斥覇思想によって幕藩体制下の政治・経済・社会状況を激しく批判している点に特徴がある。大弐自身は世をはばかって,みずからの著作とは認めず先人の作としている。【今井 修】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りゅうししんろん【柳子新論】

江戸中期の思想書。一冊。山県大弐著。1759年成立。朱子学的大義名分論に基づいた尊王思想を唱え、幕府を批判した書。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳子新論
りゅうししんろん

江戸中期の思想家山県大弐(やまがただいに)の代表的著作。竹内式部(たけのうちしきぶ)らが幕府批判のゆえをもって処罰されたこと(宝暦(ほうれき)事件)を契機に、幕府の存在そのものへの批判を込めて1759年(宝暦9)成立。正名(せいめい)、得一、人文、大体、文武、天民、編民、勧士、安民、守業、通貨、利害、富疆(ふきょう)の13篇(ぺん)からなる。大弐の父が20余年前旧宅跡から掘り出した古書で織田時代を模して書かれたとしているが、尊王斥覇(せきは)思想を根底に、天下の権を握る幕府・将軍家が大義名分の大道を忘れているゆえんを繰り返し述べ、これにかわる新たな為政者の出現を希望するという倒幕への実践的意欲を示した。1767年(明和4)の大弐処刑(明和(めいわ)事件)の原因をなす。[山口宗之]
『広瀬広一編『山県大弐遺著』(1914・甲陽図書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳子新論の関連キーワード山県大貳出定笑語山県大弐子思子申鑒中説揚子法言類聚名物考織田信邦吉田玄蕃(1)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone