コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴漬け しばづけ

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

しばづけ【柴漬け】


漬物の一種。なす・きゅうり・しょうが・みょうがなどを刻み、赤じその葉とともに塩漬けにした漬物。京都・大原の名産品だが一般に普及している。◇本来は塩だけで漬け、乳酸発酵によって酸味がつくが、普及品では酢などを用いることもある。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

しばづけ【柴漬け】

漬物の一種。なす・きゅうり・しょうが・みょうがなどを刻み、赤じその葉とともに塩漬けにした漬物。京都・大原の名産品だが一般に普及している。◇本来は塩だけで漬け、乳酸発酵によって酸味がつくが、普及品では酢などを用いることもある。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴漬け
しばづけ

ナス、ミョウガなどをアカジソの葉とともに塩漬けにしたもの。シソ葉とナスの紫が一体となった美しい赤紫色の京都の特産品である。柴漬けには、材料を漬けただけの生(なま)柴漬けと、生柴漬けの水分を圧搾器で除いたのち、しょうゆ、砂糖、酢などで調味して漬け直した味柴漬けがある。柴漬けは平安末期、平家滅亡後、建礼門院が洛北(らくほく)大原の寂光院に隠棲(いんせい)したとき献じられた紫蘇(しそ)漬けが最初で、もとは紫葉(しば)漬けといっていた。のちに、大原の里にちなんで、柴の文字を用い柴漬けになったといわれている。使用するアカジソは、京都大原産のものが色がよい。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柴漬けの関連キーワードフラボノイド柴漬け・柴漬大原・小原河野友美

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柴漬けの関連情報