柴胡桂枝湯(読み)さいこけいしとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

さいこけいしとう【柴胡桂枝湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)柴胡半夏(はんげ)桂枝または桂皮(けいひ)黄芩(おうごん)芍薬(しゃくやく)人参(にんじん)甘草(かんぞう)大棗(たいそう)生姜(しょうきょう)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。風邪(かぜ)の後期、胃痛神経痛肋膜(ろくまく)炎などに用い、微熱、発汗、吐き気、食欲不振といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android