柴胡桂枝湯(読み)さいこけいしとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

さいこけいしとう【柴胡桂枝湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)柴胡半夏(はんげ)桂枝または桂皮(けいひ)黄芩(おうごん)芍薬(しゃくやく)人参(にんじん)甘草(かんぞう)大棗(たいそう)生姜(しょうきょう)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。風邪(かぜ)の後期、胃痛神経痛肋膜(ろくまく)炎などに用い、微熱、発汗、吐き気、食欲不振といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android