コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴胡桂枝湯 さいこけいしとう

2件 の用語解説(柴胡桂枝湯の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

さいこけいしとう【柴胡桂枝湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)柴胡半夏(はんげ)桂枝または桂皮(けいひ)黄芩(おうごん)芍薬(しゃくやく)人参(にんじん)甘草(かんぞう)大棗(たいそう)生姜(しょうきょう)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。風邪(かぜ)の後期、胃痛神経痛肋膜(ろくまく)炎などに用い、微熱、発汗、吐き気食欲不振といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柴胡桂枝湯の関連キーワード漢方薬和漢薬薬酒柴胡草薬方薬三島柴胡上薬処方薬動脈硬化と漢方薬

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柴胡桂枝湯の関連情報