コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月の輪古墳 つきのわこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月の輪古墳
つきのわこふん

岡山県中部,美咲町柵原南東部の飯岡 (ゆうか) にある古墳。径 60mほどの円丘に,幅 4.5m,長さ 4mほどの造り出し部が付属している。 1953年発掘され,斜面のほとんどに葺石がみられる。円筒埴輪列が3重にめぐらされ,方形の区画を形成していた墳頂部では家,盾,人物などをかたどった形象埴輪が出土した。主体部は2個の粘土槨であり,造り出し部にも粘土槨があった。遺物は墳頂の主体部から出た玉,鏡,刀剣,工具類,銅鏃,甲,櫛のほか,これらに付着していた絹帛類などである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

月の輪古墳【つきのわこふん】

岡山県柵原(やなはら)町(現・美咲町)の太平山頂にある5世紀前半の円墳。自然地形を利用したもので,直径約60m。造出(つくりだし)をもつ。葺石(ふきいし)が置かれ,墳頂には円筒埴輪(はにわ),盾・靫・胄・家などの形象埴輪があった。
→関連項目柵原[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つきのわこふん【月の輪古墳】

岡山県久米郡柵原(やなはら)町飯岡(ゆうか)に所在する円墳。1953年に近藤義郎らが発掘調査を行った。吉井川と吉野川との合流地を見下ろす山頂に自然地形を利用して築かれ,径61m×57mを測る。北方に小型の造り出しを備え,2段に築いた墳丘の斜面を葺石(ふきいし)で覆い,墳頂,段平たん部,墳裾にそれぞれ埴輪をめぐらせる。埋葬施設として,墳頂に2基,造り出しに1基の粘土槨(ねんどかく)を営む。墳頂の2基は南北に並び,同時に営まれたらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つきのわこふん【月の輪古墳】

岡山県久米郡美咲町飯岡にある円墳。径60メートル、高さ9メートル。造出付きの円墳で、粘土槨から鏡・玉・短甲が出土。大形古墳の全面発掘が住民参加で初めて成功。戦後の国民的科学運動の実践となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月の輪古墳
つきのわこふん

岡山県久米(くめ)郡美咲(みさき)町飯岡(ゆうか)の比高220メートルの山丘頂につくられた造り出し付き円墳。径60メートル、高さ6メートル。3列の埴輪(はにわ)円筒列があり、墳頂平坦(へいたん)部の方形区画内に家、盾(たて)、短甲蓋(きぬがさ)などの形象埴輪が配されている。埋葬施設は割竹(わりだけ)形木棺を内包する粘土槨(ねんどかく)2基である。中央槨には老年男性が埋葬され、鏡、玉、銅鏃(どうぞく)80、短甲などの武器、武具、農具、工具多数が副葬されていた。南槨には熟年女性が埋葬され、鏡、玉、石釧(いしくしろ)、櫛(くし)、針、武器などが副葬されていた。方形突出部にも粘土槨があるが副葬品はなく、槨上から舟形土製品が出土したのみ。王子中・王子上古墳に続く5世紀初頭~前半築造の首長墳で、釜の上(かまのうえ)古墳がこれに続く。政治的地域集団と世代ごとにつくられた首長墳の問題を提起した。近くに出土品を保存展示した「月の輪収蔵庫」がある。[今井 尭]
『近藤義郎編『月の輪古墳』(1960・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

月の輪古墳の関連キーワード岡山県久米郡美咲町飯岡荒井 英郎美咲(町)荒井英郎イグサ短甲

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android