コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄養診断

2件 の用語解説(栄養診断の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

栄養診断

 諸種の方法によって,体の栄養状態栄養素の摂取状態,栄養素の代謝の状態などを判定することをいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栄養診断
えいようしんだん

農業において作物の生育状況の良否を、その栄養状態から評価、判定しようとする診断法のことをいう。作物の生育と収量は、作物の種類や品種などの遺伝的な要因と、土壌、気象、管理などの生育場所における環境条件の二つから決定される。そこで、作物ごとにその栄養生理的な特性に基づいて、これに気象、土壌などの自然的環境条件なども考慮しながら栽培を行うわけであるが、栄養診断は、収量、品質、安全性の面からもっとも適切な栄養状態をあらかじめ設定して、これに適合するよう施肥方法など具体的対策をたてるのに使用される。
 栄養診断の方法は大きく分けて二つある。一つは栄養の過不足などを作物の外面に現れた種々の症候から判定する方法で、もう一つは植物体の養分を化学分析する方法である。葉の色は植物の栄養状態を反映することから、水稲や畑作物の栄養診断の指標としてよく用いられている。標準緑色との比較や、葉緑素吸光波長の吸光値、葉緑素の反射スペクトル強度から簡易に推定ができる。化学分析法は定量的な診断ができ正確であるが、装置と技術が必要であり、簡易ではない。ミカン、ナシ、ブドウなどおもな果樹について、窒素、リン、カリウム、マグネシウムなどの養分の欠乏、適量、過剰の判定含有率基準が決められている。野菜、水稲についても同様の基準が作成されている。[小山雄生]
『作物分析法委員会編、農林省農林水産技術会議事務局監修『栄養診断のための栽培植物分析測定法』(1975・養賢堂) ▽日本土壌肥料学会編、矢沢文雄他著『作物の栄養診断――理論と応用』(1984・博友社) ▽植物栄養実験法編集委員会編『植物栄養実験法』(1990・博友社) ▽藤原俊六郎・安西徹郎・加藤哲郎著『土壌診断の方法と活用――作物栄養診断・水質診断』(1996・農山漁村文化協会) ▽植物栄養・肥料の事典編集委員会編『植物栄養・肥料の事典』(2002・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養診断の関連キーワード栄養改善栄養状態判定法栄養状態評価栄養政策栄養素欠乏栄養統計学公衆栄養士国家栄養計画身体的栄養診断潜在的栄養欠乏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栄養診断の関連情報