コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栖本 すもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栖本
すもと

熊本県南西部,天草市東部の旧町域。天草諸島上島南西岸に位置し,倉岳 (682m) の北西麓に広がる。 1962年町制施行。 2006年本渡市,牛深市,有明町,御所浦町,倉岳町,新和町,五和町,天草町,河浦町の2市7町と合体して天草市となる。大部分を丘陵性山地が占め,河内川流域に沖積低地が開ける。サツマイモ陸稲などのほか,ミカン,タバコの栽培および沿岸漁業が行なわれる。栖本城跡,円性寺,利明寺などがある。周辺は雲仙天草国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栖本
すもと

熊本県南西部、天草(あまくさ)郡にあった旧町名(栖本町(まち))。現在は、天草市の東部を占める地域。旧栖本町は1962年(昭和37)町制施行。2006年(平成18)本渡(ほんど)市、牛深(うしぶか)市、有明(ありあけ)町、御所浦(ごしょうら)町、倉岳(くらたけ)町、新和(しんわ)町、五和(いつわ)町、天草町、河浦(かわうら)町と合併し、天草市となった。栖本の名は中世豪族である天草五人衆の一人、栖本氏にちなむ。旧町域は、天草上(かみ)島の南部に位置し、栖本川(河内川)水系沿いの沖積低地を除けば、ほとんど古第三系の山地からなる。第一次産業就業者率は25%を割っているが、青莢(あおさや)インゲン・甘夏ミカンの導入、クルマエビ養殖の定着、スギ・ヒノキの育成林造成などによって、かつての米麦、サツマイモ栽培にウシ・ブタ飼育を兼ね備えた農業、アジ・タコを中心とした沿岸漁業、さらに薪材・製炭材に重きを置いた林業は大きく変容している。天草五橋の開通(1966)、国道266号、県道などの改修によって、縫製工業の進出もみられる。島内の最高峰倉岳(682メートル)は眺望に優れ、観光地化しつつある。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

栖本の関連キーワード御所浦(ごしょうら)有明(熊本県)熊本県天草市天草(市)天草[市]栖本[町]永田隆三郎志岐麟泉天草上島棚底城跡栖本親高有明町牛深市崎津大江

栖本の関連情報