コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新和 しんわ

3件 の用語解説(新和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新和
しんわ

熊本県南西部,天草市中南部の旧町域。天草諸島下島東岸にある。 1954年宮地村,大多尾村,中田村,碇石村の4村が合体して新和村となり,1961年町制施行。 2006年本渡市,牛深市,有明町,御所浦町,倉岳町,栖本町,五和町,天草町,河浦町の2市7町と合体して天草市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新和
しんわ

熊本県南西部、天草(あまくさ)郡にあった旧町名(新和町(まち))。現在は、天草市の南東部を占める地区。旧新和町は1961年(昭和36)町制施行。2006年(平成18)本渡(ほんど)市、牛深(うしぶか)市、有明(ありあけ)町、御所浦(ごしょうら)町、倉岳(くらたけ)町、栖本(すもと)町、五和(いつわ)町、天草町、河浦(かわうら)町と合併し、天草市となった。旧町域は天草下(しも)島の東部に位置し、流合(りゅうごう)川水系、大宮地(おおみやじ)川水系に発達した樹枝状の沖積低地を除けば、ほとんど古第三系の低山地からなる。平地の少ない天草下島では、両河川沿いの沖積低地は有数の穀倉地である。米麦、サツマイモが中心農作物であったが、近年ではメロン、オクラなどの栽培が盛んであるほか、傾斜地ではミカン、甘夏ミカンなどの樹園地が多くみられる。地域内にある8港は、かつてはそれぞれに交通の要地であったが、天草五橋開通(1966)後は、漁港機能を兼備した4港と、「ロザリオライン」で知られる雲仙(うんぜん)―天草―鹿児島観光ルートの一端を担う中田港とがその機能を維持しているにすぎない。雲仙天草国立公園に含まれ、屏風(びょうぶ)山系からの眺めはすばらしい。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新和の関連情報