コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河浦 かわうら

2件 の用語解説(河浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河浦
かわうら

熊本県南西部,天草市南西部の旧町域。天草諸島下島南部にある。 1954年一町田村,新合村,富津村の3村が合体して町制施行。 1956年宮野河内村を編入。 2006年本渡市,牛深市,有明町,御所浦町,倉岳町,栖本町,新和町,五和町,天草町の2市7町と合体して天草市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河浦
かわうら

熊本県南西部、天草(あまくさ)郡にあった旧町名(河浦町)。現在は、天草市の南西部を占める地区。旧河浦町は1954年(昭和29)一町田(いっちょうだ)、新合(しんごう)、富津(とみつ)の3村が合併して町制施行。1956年宮野河内(みやのかわち)村を編入。2006年(平成18)本渡(ほんど)市、牛深(うしぶか)市、有明(ありあけ)町、御所浦(ごしょうら)町、倉岳(くらたけ)町、栖本(すもと)町、新和(しんわ)町、五和(いつわ)町、天草町と合併し、天草市となった。旧町域は天草下島の中南部を占め、域内を国道266号、389号が走る。羊角(ようかく)湾に流入する一町田川ほか数条の河川沿いの沖積低地を除けば、ほとんどが堆積(たいせき)岩からなる低山性山地である。八代(やつしろ)海、天草灘(なだ)に臨むが、漁業の地位は低く伝統的な主産業は稲作農業と薪炭(しんたん)業で、副次的なものとして、明治時代に入ってから本格化した石炭採掘業があった(1964年廃止)。昭和40年代に入ると、育てる漁業が新たな海面利用(ハマチ、タイ、真珠養殖)を生み出し、燃料革命が改植による用材林業(ヒノキ、スギ)や果樹農業(ミカン類)を旧薪炭材林地を中心に育成させた。さらに、炭鉱離職者の救済事業とも絡み、繊維、織物工業の導入もみた。
 西部の崎津(さきつ)は隠れキリシタンの集落として有名で、崎津天主堂がある。また「虫追い祭」の内容が集落ごとにかなり異なっていることは、集落間の交流の少なさを示す。かつて、日本各地で広く行われていた「嫁御(よめご)の尻(しり)打ち」が、奇妙な民俗行事として残っている(正月16日、尻打ち棒をもった子供たちが、新婚の家を回る)。牛深地区との境にある六郎次山(ろくろうじやま)(405メートル)は国の名勝。雲仙(うんぜん)天草国立公園域に含まれる。[山口守人]
『『河浦町郷土史1~4』(1958~1964・河浦町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河浦の関連キーワード本渡熊本県天草市旭町熊本県天草郡熊本県天草市天草町大江熊本県天草市今釜新町熊本県天草市栄町熊本県天草市東町熊本県天草市港町熊本県天草市南新町熊本県天草市南町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河浦の関連情報