コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉岳 くらたけ

2件 の用語解説(倉岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉岳
くらたけ

熊本県南西部,天草市東部の旧町域。天草諸島上島南部にある。 1955年宮田村,棚底村,浦村の3村が合体して倉岳村となり,1960年町制施行。 2006年本渡市,牛深市,有明町,御所浦町,栖本町,新和町,五和町,天草町,河浦町の2市7町と合体して天草市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倉岳
くらたけ

熊本県南西部、天草(あまくさ)郡にあった旧町名(倉岳町(まち))。現在は、天草市の東部にあたる地区。旧倉岳町は1960年(昭和35)町制施行。2006年(平成18)本渡(ほんど)市、牛深(うしぶか)市、有明(ありあけ)町、御所浦(ごしょうら)町、栖本(すもと)町、新和(しんわ)町、五和(いつわ)町、天草町、河浦(かわうら)町と合併し、天草市となった。倉岳の名は山岳信仰の山、倉岳(682メートル、天草の最高峰)による。旧町域は天草上島の南部に位置し、八代(やつしろ)海に臨む沿岸地区から樹枝状に北に延びている小規模な沖積低地、あるいは段丘礫(れき)層からなる台地を除けば、地域のほとんどを火山岩の貫入のある堆積(たいせき)岩からなる低山性の山地で占められている。しかし、山林率は県平均の半分にも満たず、産業の中心は、ブタの飼養を副業とした稲作農業に、新たに加わった花卉(かき)(寒ギク)、野菜(レタス)、果樹(ミカン)などの園芸農業と、八代海を漁場とする海面漁業(船引網、刺網(さしあみ)漁)、棚底(たなそこ)湾を養殖水域とした養殖漁業(真珠、マダイ)とにある。天草五橋完成(1966)後、国道266号、それに接続する主要地方道、一般県道の整備が急伸し、繊維製品などの工場進出もみられるが、様相を大きく変えたのは漁業で、とくに夏から秋にかけてのタイ釣りシーズンには、まさに観光漁業そのものになる。雲仙天草国立公園の一部に含まれる。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の倉岳の言及

【天草上島】より

…北は有明海,東は八代海に面し,大矢野島天草下島との間にある。行政上は松島,有明,姫戸,竜ヶ岳,倉岳,栖本(すもと)の6町と本渡市の一部を含む。地形はおおむね東部と中南部が高く,北部は緩やかで,中央部には第三紀層の岩石とこれを貫く古い火山岩類よりなる天草最高峰の倉岳(682m),老(おい)岳,動鳴(どうめい)山など険しい500m級の山々が連なっている。…

【倉岳[町]】より

…水産業はハマチ,タイ,真珠などの養殖業が盛んである。西部にある倉岳(682m)は雲仙天草国立公園の一部で,山頂には倉岳神社がある。付近は阿蘇や九州連山,雲仙までも望める景勝地で,九州自然歩道観海アルプスコースの主要経過地となっている。…

※「倉岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

倉岳の関連キーワード天草飛行場熊本県天草市旭町熊本県天草郡熊本県天草市天草町大江熊本県天草市今釜新町熊本県天草市栄町熊本県天草市東浜町熊本県天草市東町熊本県天草市港町熊本県天草市南町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倉岳の関連情報