コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛深 うしぶか

4件 の用語解説(牛深の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牛深
うしぶか

熊本県南西部,天草市南部の旧市域。天草諸島下島南端にある。下須島,桑島などを含む。1954年牛深町と深海村,魚貫村,久玉村,二浦村の 4村が合体して市制施行。2006年本渡市,有明町,御所浦町,倉岳町,栖本町,新和町,五和町,天草町,河浦町の 1市 8町と合体して天草市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

うしぶか【牛深】

熊本県南西部、天草市の地名。古くから漁業が盛ん。丘陵地が多く、ミカンを栽培する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛深
うしぶか

熊本県南西部、天草下島(あまくさしもしま)南端にあった旧市名(牛深市)。現在は、天草(あまくさ)市の一地区。旧牛深町は1954年(昭和29)牛深町と深海(ふかみ)、二浦(ふたうら)、久玉(くたま)、魚貫(おにき)の4村が合併して市制施行。2006年(平成18)本渡(ほんど)市、有明(ありあけ)町、御所浦(ごしょうら)町、倉岳(くらたけ)町、栖本(すもと)町、新和(しんわ)町、五和(いつわ)町、天草町、河浦(かわうら)町と合併し、天草市となった。牛深の名は大之波可(うしはぶか)(波の音が大きい)あるいは潮深(うしおぶか)に由来する。中央部が新生代第三紀、東部および西部が中生代白亜紀の堆積(たいせき)岩からなる低山地で覆われており、開析も進み、海岸では入り江の発達も著しい。交通路は、天草市の本渡(ほんど)地区、天草上島(かみしま)、宇土(うと)半島を経て、熊本市に連なる国道266号があるが、天草下島の南玄関口として、蔵之元(くらのもと)(鹿児島県長島町)に開かれた海路のほうが便利である。天然の良港である牛深港は、1710年代薩摩(さつま)(鹿児島県)から伝わったカツオ釣り漁の根拠地となるに及んで、水産業が独占的地位を得るに至った。明治末期からはイワシ漁も加わり、それらの干し場づくりのために地先を埋め立てることも盛んに行われた。しかし、1950年代末から不漁が続き、アジ、サバ、イワシ類漁業も、浦とよばれる内湾の養殖漁業(ハマチ、タイ、真珠)にその地位を譲ろうとしている。農業は、田畑地が狭小なこともあって、丘陵地のミカン栽培を除けばみるべきものはない。臨海地域のほとんどが雲仙(うんぜん)天草国立公園に属すること、さらに、黒之瀬戸大橋の竣工(しゅんこう)(1974)、長島からのフェリーボート利用によって本土からの交通の便がよくなり、産業的にはむしろ観光産業に将来性が認められる。亜熱帯系の魚、海藻、サンゴの集まっている牛深海域公園、洞門・洞窟(どうくつ)・奇岩で知られる竜仙(りゅうせん)島(片島)、久玉城跡(久玉氏の居城)などのほかに、ハイヤ踊、船上神事(八幡宮(はちまんぐう)例祭)、潮ふり神事(住吉神社例祭)など漁師町ならではの民俗行事が多い。かつてコークス炭、艦船燃料炭として利用された魚貫、牛深両炭鉱は閉山となったままである。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牛深の関連情報