コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根占 ねじめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根占
ねじめ

鹿児島県南部,南大隅町北東部の旧町域。大隅半島の西岸にある。1941年町制。2005年佐多町と合体し南大隅町となる。平安時代末期から約 400年間禰寝氏(ねじめうじ)の所領で,中心地区の川北にある根占港は中国貿易,南方貿易で繁栄し,唐人町があった。江戸時代島津氏の領地。主産業は農業で米,サツマイモ葉タバコエンドウを産し,ミカン栽培も行なわれる。沿岸部ではイセエビキビナゴをとり,カンパチの養殖が行なわれる。海岸は霧島錦江湾国立公園に属し,薩英戦争時代の台場など史跡が多い。ヘゴの自生北限地帯として国の天然記念物に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

根占(ねじめ)

鹿児島県肝属郡南大隅町にある道の駅。国道269号に沿う。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根占
ねじめ

鹿児島県大隅(おおすみ)半島南部、肝属(きもつき)郡にあった旧町名(根占町(ちょう))。現在は南大隅町の北部を占める。旧根占町は1941年(昭和16)小根占村が町制施行、往古以来の郷名にちなみ改称した。2005年(平成17)佐多(さた)町と合併、南大隅町となった。旧根占町の北部はシラス台地、南部は山地で、阿多(あた)カルデラ東壁が鹿児島湾(錦江湾(きんこうわん))に迫る西岸は霧島錦江湾国立公園区域。国道269号が通る。鎌倉時代から300年間は禰寝(ねじめ)氏が支配し、琉球(りゅうきゅう)貿易により栄え、唐人町の跡がいまに残る。近世は島津氏の直轄地で、藩の専売品ハゼノキが栽培された。気候温暖でキヌサヤエンドウの露地栽培やピーマンの施設園芸が盛んなほか、葉タバコや果樹なども多い。ヘゴ(亜熱帯性の木生シダ)の自生北限地で国の天然記念物に指定。[白石太良]
『『根占郷土誌』上下(1974・根占町) ▽『根占名勝誌』(1974・根占町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

根占の関連情報