コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国後島 くなしりとう

8件 の用語解説(国後島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国後島
くなしりとう

北海道北東沖,千島列島にあり,北緯 44°,東経 146°付近に位置する島。北の安渡移矢 (あといや) 岬から南のケラムイ崎まで全長 120km,幅 10~25km前後,面積 1500.04km2

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くなしり‐とう〔‐タウ〕【国後島】

北海道南千島の島。知床(しれとこ)半島の東方にある。爺々(ちゃちゃ)岳などの火山があり、中心集落は泊(とまり)。第二次大戦後はソ連、のちにロシア連邦の統治下。面積1500平方キロメートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国後島【くなしりとう】

千島列島南西端の島。面積1489km2。北海道との間に根室海峡,択捉(えとろふ)島との間に国後水道がある。千島火山列に属し,活火山,温泉があり,最高点は爺爺(ちゃちゃ)岳(1822m)。
→関連項目ゴロブニン高田屋嘉兵衛千島列島根室海峡松浦武四郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

国後(くなしり)島

北海道東部、納沙布岬の北北東約37kmに位置する島。第二次世界大戦後、ソ連(現ロシア連邦)が占領。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くなしりとう【国後島】

北海道の東方,千島列島南西端にある島。面積約1500km2。南西から北東方向に長い軸をもった細長い島で,長さ約120km,幅7~29kmである。島の北東部には秀麗な二重式円錐火山爺爺(ちやちや)岳(1822m),北端にはルルイ岳(1486m)などの火山がある。南端部の泊湾から根室湾に至る海域は,水深20mの浅瀬が広く分布し,ホタテガイフジコ(ナマコ)の絶好の生息地で,第2次大戦前まではこれらの水産物が島の経済を支えていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くなしりとう【国後島】

北海道の東方にある島。千島列島最西端にある同列島第三の島。面積1500平方キロメートル。択捉えとろふ島とともに1854年以降日本領であったが、第二次大戦後、ソ連を経てロシア連邦の占領下にある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕国後島(くなしりとう)


北海道東方沖に連なる千島(ちしま)列島南西端に位置する島。歴史的にアイヌ民族が先住してきた。面積1498.6km2。1798年(寛政(かんせい)10)近藤重蔵(じゅうぞう)が踏査、1855年(安政(あんせい)2)日露通好条約で日本領土となる。大正末期、根室(ねむろ)支庁国後郡に属する留夜別(るよべつ)・泊(とまり)の2村が正式に設置された。南西から北東方向に細長く約123km延びる。脊梁(せきりょう)山地沿いに爺爺(ちゃちゃ)岳(標高1822m)はじめ羅臼(らうす)岳・泊山などの火山があり、平地には湿原が広がる。南東岸中部の古釜布(ふるかまっぷ)は不凍港。第二次大戦時までカニ・ホッキガイ漁や缶詰製造が行われた。1945年(昭和20)終戦時の人口7348。同年9月2日以降、ソ連(現ロシア)の占領下にあり、日露両国のあいだで「北方領土問題」として懸案となっている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国後島
くなしりとう

北海道東部、知床(しれとこ)半島の東にある島。北東―南西に長く、長さ122キロメートル、幅6~30キロメートル。面積1498.56平方キロメートル。北東は国後水道を隔てて択捉(えとろふ)島に連なり、南西は根室(ねむろ)海峡(野付(のつけ)水道)を隔てて北海道に臨む。海峡最狭部は野付崎―国後島ケラムイ崎間の18キロメートル。南東には根室半島から延びる歯舞(はぼまい)群島が国後島に平行して位置する。千島火山帯に属する火山島で、北部に二重式火山の爺爺(ちゃちゃ)岳(1822メートル)、ルルイ岳(1486メートル)、中部に羅臼(らうす)山(888メートル)、南部に泊(とまり)山(542メートル)などの火山がある。島の中部はニキショロ湖と古釜布(ふるかまっぷ)沼が横に並んだ地峡部で、その南東岸に古釜布の集落があり、錨地(びょうち)をなしている。ほかに、北東海岸に臨む留夜別(るよべつ)、南端近くに泊(とまり)などの集落がある。海岸線の出入りは少なく、太平洋側の集落付近を除き大部分は高い海食崖(がい)となっている。
 1754年(宝暦4)に「場所」(交易場所)が設けられた。1789年(寛政1)国後・目梨(めなし)の戦い、1798年(寛政10)近藤重蔵(じゅうぞう)の踏査があり、1811年(文化8)には泊に上陸したロシア人航海家ゴロウニンを南部藩士が捕らえた事件があった。1880年(明治13)には泊に国後郡役所が置かれた。第二次世界大戦前、近海ではコンブ、サケ、マス、カニなどの漁獲が多く、缶詰製造、サケ・マス孵化(ふか)事業が行われたほか、ウマの牧場経営、硫黄(いおう)採鉱、木材伐採などが営まれていた。戦前の人口は7370(1945)。
 行政上は根室振興局管内の国後郡泊村と留夜別村の2村が設けられているが、戦後はソ連、ソ連解体後はロシア連邦の施政下にあってサハリン州の所属となっており、中心地はユージノ・クリリスクЮжно‐Курильск/Yuzhno-Kuril'sk(古釜布)。ロシア名はクナシル島остров Кунашир/ostrov Kunashir。[渡辺一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国後島の言及

【国後・目梨の戦】より

…そのため飛驒屋は,幕府の直営が中止されるや,損失分をとりもどすべく3商場の経営を交易から漁場経営へと転換するとともに,商場内のアイヌを徹底的に酷使し,松前藩士もこの状態を黙視していた。 こうしたなかでアイヌ民族の不満はついに爆発し,89年(寛政元)5月,国後島のアイヌがいっせいに蜂起し,商場の支配人,番人,出稼漁夫などを殺害,さらに対岸のキイタップ商場内の目梨地方に渡り,同地のアイヌと合流して各漁場を相次いで襲撃していった。この蜂起に参加したアイヌは,国後41名,目梨89名の計130名,死亡した和人は71名で,その多くが下北地方からの出稼者であった。…

【千島列島】より

…ロシア名のクリル列島Kuril’skie ostrovaはロシア語の〈クリーチ(煙をはく)〉,またはカムチャダール語の〈クーシ(南方に住む者たち)〉から出たものといわれる。おもな島は南から国後(くなしり)島択捉(えとろふ)島ウルップ(得撫)島,シムシル(新知)島,シャスコタン(捨子古丹)島,オネコタン(温禰古丹)島,パラムシル(幌莚)島,アライト(阿頼度)島,シュムシュ(占守)島など24を数え,うち1000km2以上の面積をもつのは国後,択捉,ウルップ,パラムシルの4島である。総面積約1万km2。…

【ツキノエ】より

…国後島トウブイのアイヌの首長。生没年不詳。…

【根室海峡】より

…北海道の東岸と国後(くなしり)島との間にある海峡。知床岬と国後島ルルイ岬を結ぶ幅約70kmを北口,根室半島突端の納沙布(のさつぷ)岬と国後島ケムライ崎を結ぶ幅約35kmを南口とする。…

※「国後島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国後島の関連キーワード千島千島火山帯千島列島北海道東方沖地震千島海峡千島笹千島カムチャツカ海溝南千島北海道根室市千島町千島・カムチャツカ海溝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国後島の関連情報