コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温根沼 おんねとう

4件 の用語解説(温根沼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温根沼
おんねとう

北海道東部,根室半島基部にある海跡湖。根室市に属する。面積 5.7km2。周囲 14km。最大水深 6.7m。地名はアイヌ語オンネトー (奥深い沼の意) に由来。標高 40~50mの丘陵 (根室段丘) で囲まれ,北方に幅約 500mの湖口が開いて根室湾に通じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おんね‐とう〔ヲンね‐〕【温根沼】

《アイヌ語「オンネトウ」(大きい沼)から》北海道東部にある湖。根室半島の付け根、根室湾から入り込んだ潟(せき)湖。周囲14キロメートル、面積5.7平方キロメートル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕温根沼(おんねとう)


北海道東端、根室(ねむろ)半島基部にある潟湖(せきこ)。面積5.68km2。北西端に開いた水路で根室湾とつながる汽水湖。タンチョウの飛来地。水路上を国道44号(根釧(こんせん)国道)が通じる。北西に風蓮(ふうれん)湖、東方に長節(ちょうぶし)湖がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温根沼
おんねとう

北海道東部、根室(ねむろ)半島の基部にある湖沼。周囲15キロメートル、面積4.3平方キロメートル、最大深度7メートル。陸地の沈降に伴って生じた谷間に海水が浸入して湖沼を形成、幅約500メートルの湖口によって根室湾に通じる。周囲を天然の混交林で囲まれ、春秋の干潮時には湖岸寄りに幅約800メートルの干潟が出現する。アサリ、ホッキガイ、ツブなどの貝類を産し、国道44号が湖口を通過する。[古川史郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の温根沼の言及

【オンネトー】より

…青くすんだ湖面に雌阿寒を映す静寂な湖水で,湖畔にシャクナゲの群落がある。根室半島基部にある同名の塩水湖は温根沼の文字をあて,これはおぼれ谷を砂嘴(さし)がほぼ閉じたもので,幅500mの水路で根室湾に通じている。【岡本 次郎】。…

※「温根沼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

温根沼の関連情報