桂タフト協定(読み)カツラタフトキョウテイ

デジタル大辞泉の解説

かつらタフト‐きょうてい〔‐ケフテイ〕【桂タフト協定】

明治38年(1905)、米国のタフト陸軍長官と桂太郎首相の間で結ばれた秘密協定。米国のフィリピン統治と日本の韓国に対する優越支配を相互に承認した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かつらタフトきょうてい【桂タフト協定】

1905年(明治38)7月、日露講和会議直前に桂太郎首相と米大統領特使タフト陸軍長官との間に交わされた秘密覚え書き。米国のフィリピン統治と日本の朝鮮半島に対する優越支配とを相互に承認するというもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かつら‐タフト‐きょうてい ‥ケフテイ【桂タフト協定】

明治三八年(一九〇五)七月、日本の首相桂太郎とアメリカ陸軍長官タフトの間に交わされた秘密協定。日本はアメリカのフィリピン進出を黙認し、アメリカは日本の韓国に対する宗主権を承認したもの。大正一三年(一九二四)公表。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桂タフト協定の関連情報