桂枝加苓朮附湯(読み)けいしかりょうじゅつぶとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

けいしかりょうじゅつぶとう【桂枝加苓朮附湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)桂枝または桂皮(けいひ)芍薬(しゃくやく)茯苓(ぶくりょう)蒼朮(そうじゅつ)または白朮(びゃくじゅつ)附子(ぶし)生姜(しょうきょう)大棗(たいそう)甘草(かんぞう)などを含む。江戸時代に日本で刊行された医学書『方機(ほうき)』などに処方が示されている。関節痛神経痛、手足のしびれなどに用い、冷え症をともなうとき、とくに有効とされる。比較的体力の低下している人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android