コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若万三郎 ウメワカマンザブロウ

5件 の用語解説(梅若万三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うめわか‐まんざぶろう〔‐マンザブラウ〕【梅若万三郎】

[1868~1946]能楽師。シテ方観世流。東京の生まれ。初世梅若実の長男。大正10年(1921)弟の梅若六郎(のちの2世実)らとともに観世流から分かれて梅若流を樹立したが、のち観世流に復帰。迫力ある演技で名人とされた。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

梅若万三郎【うめわかまんざぶろう】

能楽師。観世流シテ方。初世梅若実の長男。一時梅若流をたて初代宗家となったが,観世流に復帰。華麗で迫力ある芸風。演能3000番に及び,現行曲すべてを完演した名人。
→関連項目観世華雪宝生新

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うめわかまんざぶろう【梅若万三郎】

1868‐1946(明治1‐昭和21)
能役者。初代梅若実の長男。故あって分家梅若吉之丞家を継承。1921年,弟の六郎(のちの2世梅若実)と妹婿の観世銕之丞(てつのじよう)(のちの観世華雪)とともに梅若流を樹立し,3年間宗家の任にあったが,33年1月観世流に復帰した。明治の三名人初代梅若実,宝生九郎桜間伴馬なきあとは,喜多六平太,宝生新とともに能楽界の第一人者として尊敬を集めた。容姿,声量,声質に恵まれ,華麗で輪郭の大きい強靱な演技で知られ,演能の数3000番,老女物をふくめ現行曲完演の記録を樹立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うめわかまんざぶろう【梅若万三郎】

1868~1946) 能楽師。東京生まれ。シテ方観世流。初世梅若実の長男。弟の六郎(のち実)とともに観世流を脱退して梅若流を立てた。のち、家元を弟に譲り観世流に復帰。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅若万三郎
うめわかまんざぶろう

能役者。観世流シテ方。

初世

(1868―1946)初世梅若実の長男。東京生まれ。弟の六郎(後の2世実)とともに、「万六時代」とよばれる能の黄金時代を画した。1921年(大正10)に六郎とともに梅若流を樹立し、初代の家元となったが、33年(昭和8)に観世流に単独復帰。天成の素質と迫力ある華麗な演技で能界に君臨した。37年日本芸術院創設と同時に、ワキ方の宝生新(ほうしょうしん)とともに最初の会員に推された。現行曲のすべてを完演し、非公開も含め演能3000番に及ぶ記録をたてた。46年(昭和21)文化勲章受章。著書に『亀堂閑話(きどうかんわ)』『万三郎芸談』がある。[増田正造]

2世

(1908―91)初世の三男。東京生まれ。前名万佐世。数度の渡欧能を実現し、子の万紀夫・万佐晴らと研能会を主催。なお、弟の梅若猶義(うめわかなおよし)(1911―72)は初世の五男で、「梅猶会(ばいゆうかい)」を主催。梅若盛義(のりよし)はその後継者で、パリ・カルダン劇場などでの新しい形の渡欧能を試みている。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の梅若万三郎の言及

【観世流】より

…梅若は既得権益として離さず,種々の調停も不調に終わり,1920年梅若一門は観世流から除名された。その結果,能界の旧習によって三役(ワキ方・狂言方・囃子方)の共演を得られなくなった梅若側は,独自に三役を集め,六郎は実兄の梅若万三郎(分家を相続),義弟の観世銕之丞(観世華雪)とともに翌21年新流の梅若流を樹立した。梅若流の初世家元には万三郎が就任したが,7年後に辞任,本家の六郎が家元となり,1948年六郎の隠居とともにその長男の六郎が3世を継いだ。…

※「梅若万三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梅若万三郎の関連キーワード野口駿尾御歌所関根金次郎中森孟夫平岡貞一本田美禅松井慶四郎村川堅固三遊亭金馬春風亭柳枝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梅若万三郎の関連情報