コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田元夫 はった もとお

2件 の用語解説(八田元夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八田元夫 はった-もとお

1903-1976 昭和時代の演出家,劇作家。
明治36年11月13日生まれ。新築地(つきじ)劇団にはいり,「浮標(ブイ)」などを演出。戦後は新協劇団を再建。昭和34年下村正夫劇団東演を結成,三好十郎の作品や自作「まだ今日のほうが!」などを演出した。昭和51年9月17日死去。72歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「演出論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八田元夫
はったもとお
(1903―1976)

演出家、劇作家。東京生まれ。東京帝国大学美学科卒業。在学中先駆座に参加。プロットプロレタリア戯曲研究会などを経て、1932年(昭和7)新築地(つきじ)劇団に入り、『天佑丸(てんゆうまる)』『浮標(ぶい)』などを演出。40年検挙、出獄後苦楽座移動隊(のち桜隊)に参加。第二次世界大戦後、共産党に入党、新協劇団に参加。59年(昭和34)下村正夫と東京演劇ゼミナール(のち劇団東演)を創設、三好十郎(みよしじゅうろう)の作品や自作『まだ今日のほうが!』(1962)、『私は海峡を越えてしまった』(1968)などを演出。著書に『演出論』(1936)ほかがある。[祖父江昭二]
『『私は海峡を越えてしまった 八田元夫戯曲集』(1977・新日本出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の八田元夫の言及

【新協劇団】より

… 第2次大戦後,村山が再建にのりだし,46年2月には再建第1回公演を持った。薄田(すすきだ)研二,八田元夫(1903‐76)のほか,新派の井上正夫も一時期これに参加した。しかし〈50年問題〉といわれる共産党の内部抗争の影響を受け,1951年薄田,岡田英次ら演技陣の大量脱退者が出るにおよんで弱体化し,59年に薄田らの中央芸術劇場と合体して東京芸術座となった。…

※「八田元夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八田元夫の関連キーワード青山圭男内海重典鴨川清作佐々木孝丸菅原卓高木史朗中村俊一中村哮夫山本紫朗鈴木裕美

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone