コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田元夫 はった もとお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八田元夫 はった-もとお

1903-1976 昭和時代の演出家,劇作家。
明治36年11月13日生まれ。新築地(つきじ)劇団にはいり,「浮標(ブイ)」などを演出。戦後は新協劇団を再建。昭和34年下村正夫劇団東演を結成,三好十郎の作品や自作「まだ今日のほうが!」などを演出した。昭和51年9月17日死去。72歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「演出論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八田元夫
はったもとお
(1903―1976)

演出家、劇作家。東京生まれ。東京帝国大学美学科卒業。在学中先駆座に参加。プロットのプロレタリア戯曲研究会などを経て、1932年(昭和7)新築地(つきじ)劇団に入り、『天佑丸(てんゆうまる)』『浮標(ぶい)』などを演出。40年検挙、出獄後苦楽座移動隊(のち桜隊)に参加。第二次世界大戦後、共産党に入党、新協劇団に参加。59年(昭和34)下村正夫と東京演劇ゼミナール(のち劇団東演)を創設、三好十郎(みよしじゅうろう)の作品や自作『まだ今日のほうが!』(1962)、『私は海峡を越えてしまった』(1968)などを演出。著書に『演出論』(1936)ほかがある。[祖父江昭二]
『『私は海峡を越えてしまった 八田元夫戯曲集』(1977・新日本出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の八田元夫の言及

【新協劇団】より

… 第2次大戦後,村山が再建にのりだし,46年2月には再建第1回公演を持った。薄田(すすきだ)研二,八田元夫(1903‐76)のほか,新派の井上正夫も一時期これに参加した。しかし〈50年問題〉といわれる共産党の内部抗争の影響を受け,1951年薄田,岡田英次ら演技陣の大量脱退者が出るにおよんで弱体化し,59年に薄田らの中央芸術劇場と合体して東京芸術座となった。…

※「八田元夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八田元夫の関連キーワード浮標(三好十郎の戯曲)伊藤 雄之助下村 正夫児玉 清子新築地劇団相沢 治夫森 岩雄昭和時代演出家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八田元夫の関連情報