コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林保護 しんりんほご

百科事典マイペディアの解説

森林保護【しんりんほご】

森林災害を予防,駆除すること。生物害,気象害,人為の害などをその対象とするが,近代的な森林保護はもっぱら生物害を対象とする森林防疫的性格になってきている。生物害の原因は非常に複雑で鳥獣,昆虫,ダニ,軟体動物,線虫などを含む動物,つる植物,寄生植物を含む植物,バクテリア,ウイルスなどを含む微生物など広範囲にわたる。
→関連項目森林認証制度

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんりんほご【森林保護 forest protection】

気象災害,病虫害,鳥獣害,山火事などの災害から森林を守ること。森林が木材を生産する経済的効用のほかに,災害防止,観光および保健休養利用などの公益的効用をもつことは一般に知られているが,これらの効用を十分に発揮するためには,森林が健全な状態になければならない。とくに,森林が山火事などによって失われると,直ちに造林したとしても,前記の効用をそなえる森林に生育するまでには,数十年の年月を必要とする。したがって,各種の被害から森林を保護することは,林業経営だけでなく,国土保全,レクリエーション利用のためにも欠かせないことである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

森林保護の関連キーワードドンウォペックス 環境配慮型鉛筆環境と開発に関する国連会議ケニア山国立公園/自然林ゴール旧市街とその要塞群シンハラジャ森林保護区ドンヤイ野生生物保護区衛星コンステレーションA.K. カヤンデルナックルズ森林保護区グヌンパルン国立公園スリランカ中央高原カーボンオフセットトウィンフォールズキャッツキル山地世界自然保護基金ケニア山国立公園ユネスコスクール林業専門技術員マナス国立公園

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森林保護の関連情報