コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林保護 しんりんほご

2件 の用語解説(森林保護の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

森林保護【しんりんほご】

森林災害を予防,駆除すること。生物害,気象害,人為の害などをその対象とするが,近代的な森林保護はもっぱら生物害を対象とする森林防疫的性格になってきている。生物害の原因は非常に複雑で鳥獣,昆虫,ダニ,軟体動物,線虫などを含む動物,つる植物寄生植物を含む植物,バクテリアウイルスなどを含む微生物など広範囲にわたる。
→関連項目森林認証制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんりんほご【森林保護 forest protection】

気象災害,病虫害,鳥獣害,山火事などの災害から森林を守ること。森林が木材を生産する経済的効用のほかに,災害防止,観光および保健休養利用などの公益的効用をもつことは一般に知られているが,これらの効用を十分に発揮するためには,森林が健全な状態になければならない。とくに,森林が山火事などによって失われると,直ちに造林したとしても,前記の効用をそなえる森林に生育するまでには,数十年の年月を必要とする。したがって,各種の被害から森林を保護することは,林業経営だけでなく,国土保全,レクリエーション利用のためにも欠かせないことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森林保護の関連キーワード気象災害山火事山火病虫害防災罹災気象白書祝融の災い災害損失首都圏の気象災害

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森林保護の関連情報