コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楡次 ゆじ

百科事典マイペディアの解説

楡次【ゆじ】

中国,山西省中部の晋中市の区。太原の南に位置し,同蒲・石太・太焦3鉄路の交点にあたり,付近の綿花,穀物を集散。綿紡,電機などの工業があり,石炭,鉄を産し,刃物,はさみなどは古来,并州剪(へいしゅうせん)として有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆじ【楡次 Yú cì】

中国,華北地区,山西省中部の県級市。人口48万(1994)。汾河(ふんが)の支流である瀟河(しようが)に沿い,太原盆地の南東隅に位置する。古来,井陘を経て河北に通ずる交通上の要地であった。春秋時代楡邑と呼ばれ,戦国時代に趙に属し,楡次と呼ばれた。漢代楡次県が置かれ,南北朝時代には晋陽(現,太原)に編入されたり,中都県と呼ばれたこともあるが,隋以降楡次県となり,明・清には太原府に属した。1954年市となり,63年廃されたが,71年復活。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楡次
ゆじ / ユイツー

中国、山西省中部にある晋中(しんちゅう)市の市轄区。太原盆地南東部に位置し汾河(ふんが)の支流瀟河(しょうが)に沿う。人口51万7273(2000)。秦(しん)代に県が置かれ、1954年県治に対し市制を施行、63年市制を廃したが、71年復活した。1999年、晋中地区が晋中地区級市になるのに伴い、その市轄区となった。汾河流域の食料、綿花の集散を行う商業中心地だったが、現在は紡織、機械、化学などの工場の立地する工業都市となっている。同蒲(どうほ)、石太(せきたい)、太焦(たいしょう)の3鉄道が分岐する交通の要衝。郊外地区の旧楡次県は小麦、コウリャン、トウモロコシ、アワ、綿花を産出する農業地域である。[河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

楡次の関連キーワードチンチョン(晋中)地区コウリャンユーツー

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android