コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極書 きわめがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極書
きわめがき

美術工芸品,古文書刀剣小道具などの鑑定の証明書折紙極札 (きわめふだ) の形式がおもなもので,作品に添付する。奥書も極書の一種。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きわめがき【極書】

書画骨董等の鑑定書。古筆に関するものが多く,古文書ではこれに準じて真偽の鑑定に使用された。極書そのものに権威があるとの考えが強い。しかし学術的には必ずしも信頼はできない。〈極め〉とは鑑定の意であり,職業的鑑定家である古筆家が短冊形の小紙片(7×1.5cm)に〈熊野懐紙 後鳥羽院 印〉などと書く。これを極札(きわめふだ)という。16世紀の桃山文化華やかな時代に初代古筆家了佐が出現し,豊臣秀吉より〈古筆〉姓を賜り,印文琴山〉の印を使用した(古筆了佐)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

極書の関連キーワード神功皇后縁起書画骨董酒井忠毗極付

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android