コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極書 きわめがき

3件 の用語解説(極書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極書
きわめがき

美術工芸品,古文書,刀剣,小道具などの鑑定の証明書。折紙,極札 (きわめふだ) の形式がおもなもので,作品に添付する。奥書も極書の一種。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きわめがき【極書】

書画骨董等の鑑定書。古筆に関するものが多く,古文書ではこれに準じて真偽の鑑定に使用された。極書そのものに権威があるとの考えが強い。しかし学術的には必ずしも信頼はできない。〈極め〉とは鑑定の意であり,職業的鑑定家である古筆家が短冊形の小紙片(7×1.5cm)に〈熊野懐紙 後鳥羽院 印〉などと書く。これを極札(きわめふだ)という。16世紀の桃山文化華やかな時代に初代古筆家了佐が出現し,豊臣秀吉より〈古筆〉姓を賜り,印文〈琴山〉の印を使用した(古筆了佐)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone