コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樅ノ木は残った

3件 の用語解説(樅ノ木は残ったの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

樅ノ木は残った

山本周五郎の長編歴史小説。1958年刊行。江戸時代、仙台藩で起こったお家騒動(伊達騒動)を題材とする。第13回毎日出版文化賞受賞(辞退)。三隅研次監督、長谷川一夫主演の映画「青葉城の鬼」(1962)、平幹二朗主演のNHK大河ドラマ樅ノ木は残った」(1970)の原作。

樅ノ木は残った

1970年放映のNHK大河ドラマ。原作は、山本周五郎の同名小説。仙台藩の御家騒動・伊達騒動における家老・原田甲斐の苦悩を描く。脚本:茂木草介。音楽:依田光正。出演:平幹二朗、吉永小百合栗原小巻ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樅ノ木は残った
もみのきはのこった

山本周五郎の長編小説。1954年(昭和29)7月から『日本経済新聞』に連載、後半は書き下ろしで58年完稿。山本の決定打的作品の一編となった。作品の背景は寛文(かんぶん)事件ともよばれた伊達(だて)騒動で、紛争の渦中の人となった国家老原田甲斐(かい)の苦衷と忠誠とを描き、歴史小説の最高の果実として絶賛を浴びた。既往の原田甲斐悪人説への勇敢な挑戦と解するむきに、山本自身は「史料を忠実に読みさえすれば、自然に浮かび上がってくるはず」の人間像を描いたまで、と反発している。[木村久邇典]
『『樅ノ木は残った』全二冊(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樅ノ木は残ったの関連キーワード花杖記正雪記新太閤記新潮記火の山風雲海南記明和絵暦蒙古来たる山彦乙女鷲の歌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

樅ノ木は残ったの関連情報