コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樅ノ木は残った

デジタル大辞泉プラスの解説

樅ノ木は残った

山本周五郎の長編歴史小説。1958年刊行。江戸時代、仙台藩で起こったお家騒動(伊達騒動)を題材とする。第13回毎日出版文化賞受賞(辞退)。三隅研次監督、長谷川一夫主演の映画「青葉城の鬼」(1962)、平幹二朗主演のNHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」(1970)の原作。

樅ノ木は残った

1970年放映のNHKの大河ドラマ。原作は、山本周五郎の同名小説。仙台藩の御家騒動・伊達騒動における家老・原田甲斐の苦悩を描く。脚本:茂木草介。音楽:依田光正。出演:平幹二朗、吉永小百合、栗原小巻ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樅ノ木は残った
もみのきはのこった

山本周五郎の長編小説。1954年(昭和29)7月から『日本経済新聞』に連載、後半は書き下ろしで58年完稿。山本の決定打的作品の一編となった。作品の背景は寛文(かんぶん)事件ともよばれた伊達(だて)騒動で、紛争の渦中の人となった国家老原田甲斐(かい)の苦衷と忠誠とを描き、歴史小説の最高の果実として絶賛を浴びた。既往の原田甲斐悪人説への勇敢な挑戦と解するむきに、山本自身は「史料を忠実に読みさえすれば、自然に浮かび上がってくるはず」の人間像を描いたまで、と反発している。[木村久邇典]
『『樅ノ木は残った』全二冊(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

樅ノ木は残ったの関連キーワード宮城県柴田郡柴田町山本 周五郎稲垣 史生茂木 草介佐多芳郎宮崎恭子松村雄基小島康志桝花音

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樅ノ木は残ったの関連情報