コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権田雷斧 ゴンダライフ

3件 の用語解説(権田雷斧の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごんだ‐らいふ【権田雷斧】

[1846~1934]仏教学者。真言宗の僧。新潟の生まれ。奈良の長谷寺で修学。豊山派(ぶざんは)管長・大正大学学長を歴任。著「密教綱要」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

権田雷斧 ごんだ-らいふ

1847*-1934 明治-昭和時代前期の僧,仏教学者。
弘化(こうか)3年12月22日生まれ。大和(奈良県)長谷寺の快鑁(かいばん)らにまなぶ。一時,曹洞(そうとう)宗に転じるが,真言宗に復帰。明治34年豊山(ぶざん)派管長。のち豊山大学長,大正大学長を歴任。近代密教学の研究で知られる。昭和9年2月7日死去。89歳。越後(えちご)(新潟県)出身。字(あざな)は快識。号は順基房。著作に「密教綱要」「曼荼羅(まんだら)通解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

権田雷斧
ごんだらいふ
(1846―1934)

明治・大正時代の真言宗豊山(ぶざん)派の僧。越後(えちご)(新潟県)の人。快鑁(かいばん)、秀盛(しゅうせい)、行誠(ぎょうせい)に師事し、華厳(けごん)、天台も学んだ。曹洞(そうとう)宗に転派したが、のち豊山派に帰る。1901年(明治34)豊山派管長、08年に新義真言宗豊山大学学長に就任。24年(大正13)真言密教を中国に再興しようとして渡航し、潮州(ちょうしゅう)(広東(カントン)省東部)開元寺(かいげんじ)において南京(ナンキン)の碩学(せきがく)、慧剛(えごう)、王弘願居士(おうぐがんこじ)以下4名に伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を授けた。豊山大学、根来大伝法院(ねごろだいでんぽういん)において伝法院流を伝授。28年(昭和3)大正大学学長に就任した。著書に『曼荼羅通解(まんだらつうげ)』『続絃秘曲(ぞくげんひきょく)』などがある。[吉田宏晢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

権田雷斧の関連キーワード合田平白神邦二高井計之助田中譲津山英吉西田恒夫西野藤助橋本文雄(1)松田清一三浦第二郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone