コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権田雷斧 ゴンダライフ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

権田雷斧 ごんだ-らいふ

1847*-1934 明治-昭和時代前期の僧,仏教学者。
弘化(こうか)3年12月22日生まれ。大和(奈良県)長谷寺の快鑁(かいばん)らにまなぶ。一時,曹洞(そうとう)宗に転じるが,真言宗に復帰。明治34年豊山(ぶざん)派管長。のち豊山大学長,大正大学長を歴任。近代密教学の研究で知られる。昭和9年2月7日死去。89歳。越後(えちご)(新潟県)出身。字(あざな)は快識。号は順基房。著作に「密教綱要」「曼荼羅(まんだら)通解」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

権田雷斧
ごんだらいふ
(1846―1934)

明治・大正時代の真言宗豊山(ぶざん)派の僧。越後(えちご)(新潟県)の人。快鑁(かいばん)、秀盛(しゅうせい)、行誠(ぎょうせい)に師事し、華厳(けごん)、天台も学んだ。曹洞(そうとう)宗に転派したが、のち豊山派に帰る。1901年(明治34)豊山派管長、08年に新義真言宗豊山大学学長に就任。24年(大正13)真言密教を中国に再興しようとして渡航し、潮州(ちょうしゅう)(広東(カントン)省東部)開元寺(かいげんじ)において南京(ナンキン)の碩学(せきがく)、慧剛(えごう)、王弘願居士(おうぐがんこじ)以下4名に伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を授けた。豊山大学、根来大伝法院(ねごろだいでんぽういん)において伝法院流を伝授。28年(昭和3)大正大学学長に就任した。著書に『曼荼羅通解(まんだらつうげ)』『続絃秘曲(ぞくげんひきょく)』などがある。[吉田宏晢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

権田雷斧の関連キーワード小野塚 与澄網代 智海網代智海豊山派弘化宗口権田