コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本平八 はしもとへいはち

6件 の用語解説(橋本平八の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋本平八
はしもとへいはち

[生]1897.10.17. 三重,四郷
[没]1935.11.1. 伊勢
彫刻家。 1915年三宅正直について彫刻を学ぶ。 19年上京,20年佐藤朝山内弟子となる。 22年第9回再興院展に『猫』が初入選,同院研究会員となる。 26年生地の朝熊村に帰郷して制作。 27年日本美術院同人,35年帝展無鑑査。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はしもと‐へいはち【橋本平八】

[1897~1935]彫刻家。三重の生まれ。日本美術院同人。佐藤朝山に師事。木彫を得意とし、独創的な作品を制作。代表作に「裸形少年像」「牛」「花園に遊ぶ天女」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

橋本平八【はしもとへいはち】

彫刻家。三重県生れ。三宅正直に師事。1919年上京,内閣印刷局に勤務。1920年佐藤朝山の内弟子となる。1922年再興院展出品。円空仏に感銘を受け,鉈の跡を残した静楚な木彫を制作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本平八 はしもと-へいはち

1897-1935 大正-昭和時代前期の彫刻家。
明治30年10月17日生まれ。詩人北園克衛の兄。佐藤朝山に木彫をまなぶ。昭和2年院展に「裸形の少年像」を出品,日本美術院同人となった。昭和10年11月1日死去。39歳。三重県出身。作品はほかに「花園に遊ぶ天女」。著作に「純粋彫刻論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

はしもとへいはち【橋本平八】

1897~1935) 彫刻家。三重県生まれ。佐藤朝山に師事し木彫を学ぶ。作「裸形少年像」「牛」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋本平八
はしもとへいはち
(1897―1935)

彫刻家。三重県生まれ。初め植物生態学果樹園芸学を修め、1915年(大正4)宇治山田市で三宅正直について彫刻技術を学ぶ。18年に上京、印刷局に勤めたが、20年に佐藤朝山(ちょうざん)(玄々(げんげん))の内弟子となって木彫を学ぶ。以来、院展に作品を発表、『猫』(1924)などで注目され、27年(昭和2)日本美術院同人に推挙された。東洋的な想念に基づく独特の形態感をもつ木彫を制作し、オブジェ的な思考を造形化するなど、大正末から昭和初期にかけて異色ある木彫家として活躍した。おもな作品に『花園に遊ぶ天女』『裸形少年像』『牛』など、遺稿に『純粋彫刻論』がある。[三木多聞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の橋本平八の言及

【明治・大正時代美術】より

…また1919年には二科会が,晩年のロダンの助手をつとめた藤川勇造を迎えて彫刻部を創設し,これに渡辺義知らが加わり,海外からもザツキン,アルキペンコらの出品が見られた。 木彫では,官設展に沢田晴広(政広)(せいこう)(1894‐1988),三木宗策(1891‐1945),長谷川栄策(1890‐1944)らの新人が台頭し,院展では佐藤朝山に師事した橋本平八(1897‐1935)と平櫛田中が傑出している。岡倉天心の伝統的木彫復興の精神をくんだ平櫛田中は,《転生》(1920)のように天平や鎌倉の仏像彫刻を消化した傑作をつくった。…

※「橋本平八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橋本平八の関連キーワード岐阜県安八郡輪之内町四郷愛知県豊田市四郷町兵庫県姫路市四郷町兵庫県姫路市四郷町明田兵庫県姫路市四郷町上鈴兵庫県姫路市四郷町坂元兵庫県姫路市四郷町中鈴兵庫県姫路市四郷町見野兵庫県姫路市四郷町山脇和歌山県海草郡紀美野町四郷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橋本平八の関連情報