コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本綱常 はしもとこうじょう

3件 の用語解説(橋本綱常の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋本綱常
はしもとこうじょう

[生]弘化2(1845).6.20. 福井
[没]1909.2.16. 東京
医師。幼名破魔五郎,号が簣山。福井藩医橋本長綱の4男で,長兄が橋本左内。藩校済世館で医学を学んだのち松本良順,A.ボードゥイン,D.エルメレンスオランダ医学を学ぶ。明治3 (1870) 年兵部省に出仕,1872~77年ベルリンウュルツブルクウィーン各大学に留学。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本綱常 はしもと-つなつね

1845-1909 明治時代の外科学者。
弘化(こうか)2年6月20日生まれ。橋本長綱・梅尾の3男。橋本左内の弟。松本良順,ボードインらにまなぶ。明治3年兵部省にはいり,5年ドイツに留学。帰国後は東京大学教授,陸軍軍医総監などをつとめ,19年初代日本赤十字社病院長。23年貴族院議員。明治42年2月18日死去。65歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

橋本綱常

没年:明治42.2.18(1909)
生年:弘化2.6.20(1845.7.24)
明治期の医学者。日本赤十字社病院初代院長。福井藩医橋本彦也の3男として福井城下常盤町に生まれた。幕末の志士橋本左内の末弟。幼名破魔五郎。8歳で父を失い,母梅尾の手で育てられた。安政2(1855)年,左内が藩医をやめ御書院番組に転じたとき,11歳で家業を継ぎ左内を国事に専念せしめた。文久2(1862)年長崎に行き蘭人シントラーに師事し,慶応1(1865)年再度長崎に行きボードインに学んだ。戊辰戦争には医師として従軍。外科手術にいちはやく近代消毒法を導入し,外科学の進歩に寄与した。維新後は陸軍省に出仕し,明治5(1872)年ヨーロッパに留学。10年帰国して陸軍軍医監となり,また東大医学部教授として外科学を講じた。17年渡欧し,ジュネーブ条約(赤十字条約)について調査。帰国後の19年,日本赤十字社病院開設とともに院長に就任した。18年軍医総監。40年子爵。<参考文献>福田源三郎編『越前人物志』,福井県医師会編『福井県医学史』

(白崎昭一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

橋本綱常の関連キーワード日本赤十字看護大学赤十字NEWS尼子富士郎市川清千種有梁西野忠治郎前島淳一吉田顕三渡辺雷近衛忠煇

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone