武雄[市](読み)たけお

百科事典マイペディア 「武雄[市]」の意味・わかりやすい解説

武雄[市]【たけお】

佐賀県西部の市。1954年市制。武雄盆地と周辺の丘陵地を占める。中心市街は六角川舟運に恵まれ,長崎路宿駅武雄温泉単純泉,46〜51℃)の温泉場として発展。佐世保線,長崎自動車道,西九州自動車道が通じる交通要地。平地では米作山麓ではミカンや茶の栽培が盛ん。畜産も行われる。工業は零細企業が多く不振であるが,近年は北部工業団地への企業誘致が進む。肥前陶器窯跡史跡)がある。2006年3月杵島郡北方町,山内町を編入。195.40km2。5万699人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android