武雄[市](読み)たけお

百科事典マイペディア「武雄[市]」の解説

武雄[市]【たけお】

佐賀県西部の市。1954年市制。武雄盆地と周辺の丘陵地を占める。中心市街は六角川の舟運に恵まれ,長崎路宿駅,武雄温泉(単純泉,46〜51℃)の温泉場として発展。佐世保線,長崎自動車道,西九州自動車道が通じる交通要地。平地では米作山麓ではミカンや茶の栽培が盛ん。畜産も行われる。工業は零細企業が多く不振であるが,近年は北部の工業団地への企業誘致が進む。肥前陶器窯跡史跡)がある。2006年3月杵島郡北方町,山内町を編入。195.40km2。5万699人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「武雄[市]」の解説

たけお【武雄[市]】

佐賀県南西部の市。1954年市制。人口3万5062(1995)。六角川が東流する武雄盆地と周辺の山地を占める。市街はJR佐世保線武雄温泉駅を中心に発達,国道34号(長崎街道),35号線も通じ,市の東端には長崎自動車道武雄・北方インターチェンジがある。武雄は古く柄崎(つかさき)と称したが,1873年武雄神社にちなみ改称。武雄温泉(単純泉,45~51℃)は柄崎ノ湯としてすでに《肥前国風土記》にも見え,現在も朱塗の大楼門が立つ情緒のある温泉である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android