コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武雄[市] たけお

2件 の用語解説(武雄[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

武雄[市]【たけお】

佐賀県西部の市。1954年市制。武雄盆地と周辺の丘陵地を占める。中心市街は六角川の舟運に恵まれ,長崎路の宿駅,武雄温泉(単純泉,46〜51℃)の温泉場として発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たけお【武雄[市]】

佐賀県南西部の市。1954年市制。人口3万5062(1995)。六角川が東流する武雄盆地と周辺の山地を占める。市街はJR佐世保線武雄温泉駅を中心に発達,国道34号(長崎街道),35号線も通じ,市の東端には長崎自動車道武雄・北方インターチェンジがある。武雄は古く柄崎(つかさき)と称したが,1873年武雄神社にちなみ改称。武雄温泉(単純泉,45~51℃)は柄崎ノ湯としてすでに《肥前国風土記》にも見え,現在も朱塗の大楼門が立つ情緒のある温泉である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

武雄[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone