コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎路 ながさきじ

百科事典マイペディアの解説

長崎路【ながさきじ】

九州における近世の幹線道で,長崎街道ともいう。豊前大里(だいり)から小倉,筑前黒崎(くろさき),肥前田代(たしろ),肥前轟木(とどろき)・神埼・佐賀・牛津・小田・諫早(いさはや)・矢上など14宿を経て幕府領の日見(ひみ),長崎に至る脇街道
→関連項目飯塚[市]牛津[町]嬉野[町]大町[町]神埼[町]武雄[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながさきじ【長崎路】

江戸時代,豊前大里から小倉,さらに筑前黒崎以下の6宿(筑前六宿)を経て,肥前対馬藩領田代を通過し,佐賀藩領轟木(とどろき),神埼,佐賀,牛津,小田,諫早(いさはや),矢上など14宿を経由して,天領の日見,長崎にいたる九州第一の幹線。上記は1648年(慶安1)段階のコースであるが,年代の下降とともにコースに多少の変更があり,例えば1787年(天明7)佐賀藩領を通る長崎路は,小田から多良,塩田,彼杵(そのぎ)の3通筋があったように,同一年代に3コースが並存するなど,特異な街道であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長崎路の関連情報