コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎路 ながさきじ

2件 の用語解説(長崎路の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

長崎路【ながさきじ】

九州における近世の幹線道で,長崎街道ともいう。豊前大里(だいり)から小倉,筑前黒崎(くろさき),肥前田代(たしろ),肥前轟木(とどろき)・神埼・佐賀・牛津・小田・諫早(いさはや)・矢上など14宿を経て幕府領の日見(ひみ),長崎に至る脇街道
→関連項目飯塚[市]牛津[町]嬉野[町]大町[町]神埼[町]武雄[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ながさきじ【長崎路】

江戸時代,豊前大里から小倉,さらに筑前黒崎以下の6宿(筑前六宿)を経て,肥前対馬藩領田代を通過し,佐賀藩領轟木(とどろき),神埼,佐賀,牛津,小田,諫早(いさはや),矢上など14宿を経由して,天領の日見,長崎にいたる九州第一の幹線。上記は1648年(慶安1)段階のコースであるが,年代の下降とともにコースに多少の変更があり,例えば1787年(天明7)佐賀藩領を通る長崎路は,小田から多良,塩田,彼杵(そのぎ)の3通筋があったように,同一年代に3コースが並存するなど,特異な街道であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長崎路の関連キーワード古代サラサ筑前大島小笠原貞通小笠原忠忱高田吉近富本豊前太夫(3代)長谷川知仙古市宗理(初代)安広一郎小倉煮

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長崎路の関連情報