長崎路(読み)ながさきじ

百科事典マイペディア 「長崎路」の意味・わかりやすい解説

長崎路【ながさきじ】

九州における近世幹線道で,長崎街道ともいう。豊前大里(だいり)から小倉,筑前黒崎(くろさき),肥前田代(たしろ),肥前轟木(とどろき)・神埼・佐賀・牛津小田・諫早(いさはや)・矢上など14宿を経て幕府領の日見(ひみ),長崎に至る脇街道。開設時期は1610年代以降とみられ,鎖国令ののち長崎奉行以下幕府役人や諸大名,内外の文人商人などの通行が盛んになるに伴い,整備され賑わった。佐賀藩領内では3筋に分かれていた。長崎に滞在していたドイツの医学者ケンペルによると,沿道は清潔で,道には新しい砂が敷かれ,〈望み得る限りの良路〉であったという。
→関連項目飯塚[市]牛津[町]嬉野[町]大町[町]神埼[町]武雄[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

改訂新版 世界大百科事典 「長崎路」の意味・わかりやすい解説

長崎路 (ながさきじ)

江戸時代,豊前大里から小倉,さらに筑前黒崎以下の6宿(筑前六宿)を経て,肥前対馬藩領田代を通過し,佐賀藩領轟木(とどろき),神埼,佐賀,牛津,小田,諫早(いさはや),矢上など14宿を経由して,天領の日見,長崎にいたる九州第一の幹線。上記は1648年(慶安1)段階のコースであるが,年代の下降とともにコースに多少の変更があり,例えば1787年(天明7)佐賀藩領を通る長崎路は,小田から多良,塩田彼杵(そのぎ)の3通筋があったように,同一年代に3コースが並存するなど,特異な街道であった。起点については,大里,小倉の両説があり,開設時期も1610年代以降とみられ,30年代後半の島原の乱や鎖国令以降,長崎奉行以下の幕府役人や大小名,カピタン,文人,商人らの通行が盛んになるに伴い,隆盛の一途をたどった。ケンペルによれば,90年代の長崎路は,〈沿道は総て清潔,且つ平均,地上に新しき砂を敷きたるものにして,これを要するに望み得る限りの良路なりき〉という水準に達していたが,これは街道・宿駅に関する藩営的性格の顕著さを表現するものである。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android