コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歪む イガム

デジタル大辞泉の解説

いが・む【×歪む】

[動マ五(四)]《「ゆがむ」の音変化》
ゆがむ1」に同じ。
「針ガ―・ンダ」〈和英語林集成
ゆがむ2」に同じ。
「気ノ―・ンダ人」〈和英語林集成
盗む。
「是まで人の物を―・み候へば、どうで地獄へまかり申すべく候」〈浄・朝顔話
[動マ下二]いがめる」の文語形

ひず・む〔ひづむ〕【×歪む】

[動マ五(四)]
ゆがんだ形になる。いびつになる。ゆがむ。「顔の表情が―・む」
テレビ・オーディオなどで歪(ひず)み3が生じる。「スピーカーの高音部が―・む」
[動マ下二]
かがめる。曲げる。
「身を―・めて」〈浮・男色十寸鏡〉
苦しめる。責める。
「秦を攻め―・むるぞ」〈史記抄・張儀伝〉

ゆが・む【×歪む】

[動マ五(四)]
物の形が、ねじれたりたわんだりして正しくなくなる。ひずむ。「障子が―・む」「痛みに顔が―・む」
心や行いなどが正しくなくなる。「―・んだ根性」
言葉がなまる。
「声など、ほとほとうち―・みぬべく」〈・東屋〉
[動マ下二]ゆがめる」の文語形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いがむ【歪む】

( 動五[四] )
〔「ゆがむ」の転〕
ゆがむ 」に同じ。 「 - ・んだ箱」 「 - ・んだおれが直すぐな子を持たは、何の因果ぢやと/浄瑠璃・千本桜」
盗む。 「是まで人の物を-・み候へば/浄瑠璃・生写朝顔話」
( 動下二 )

ひずむ【歪む】

( 動五[四] )
(力が加わったために)形がゆがむ。いびつになる。 「ボリュームを上げると高音が-・む」 「障子ガ-・ンデタテマセン/ヘボン 三版
( 動下二 )
曲げる。 「弓の反つたを押し当てて、ためつ-・めつする木あり/玉塵抄」
小さくかがめる。 「もし細道辻小路なれば身を-・めて/浮世草子・男色十寸鏡」
責める。さいなむ。苦しめる。 「常々に身を-・め、始末してあいつに遣るは淵へ捨つるも同然/浄瑠璃・油地獄

ゆがむ【歪む】

( 動五[四] )
曲がったりねじれたりして物の形が正しくなくなる。 「窓枠が-・む」 「ネクタイが-・んでいる」 「物が-・んで見える」 「寝腫れて、ようせずは頰-・みもしぬべし/枕草子 109
考え方や行動が正常でなくなる。また、よこしまである。 「性根しようねの-・んだ男」
言葉や発音がなまる。 「声うち-・みたるもの/源氏 宿木
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歪むの関連キーワードスペクトラム拡散通信方式非鉛系圧電材料重力波望遠鏡ボンヌ図法リンギング浄瑠璃枕草子宿木

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歪むの関連情報