歯科衛生士(読み)しかえいせいし

日本大百科全書(ニッポニカ)「歯科衛生士」の解説

歯科衛生士
しかえいせいし

歯科医師補助の一種。歯科疾患の予防から治療にわたる全般的な科補助者。歯周疾患の予防のための歯石除去(歯の露出面および正常歯肉の遊離縁下の歯石除去に限られる)を主任務とするが、そのほかに、歯みがきなどの口腔(こうくう)清掃法を主体とした患者の衛生指導、歯科保健指導、う蝕(しょく)(むし歯)予防のための薬剤塗布を行う。なお、日本では歯科診療の補助業務も行う。仕事はすべて歯科医師の直接の指導のもとに行うことが法律で定められている。歯科衛生士の養成は、20世紀の初頭、アメリカにおいて始められたもので、わが国でもこれに倣って、その養成を試みたが、社会的な位置づけがなかったために立ち消えとなっていった。しかし、1948年(昭和23)に歯科衛生士法が制定されるとともに、本格的な養成が行われるようになった。歯科衛生士になるには、高等学校卒業後、文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校または厚生労働大臣の指定した歯科衛生士養成所で2年以上の教育を受けたのち、厚生労働大臣が行う国家試験に合格し、免許を受けなければならない。このほか、外国の衛生士学校を卒業した者、もしくは外国で歯科衛生士免許を取得した者の場合は、厚生労働大臣の認可があれば国家試験を受けることができる。歯科医療の補助者としての歯科衛生士は、社会の歯科医療需要の増大にこたえ、歯科医療の経済性を高めるためにも、歯科技工士とともになくてはならない存在である。2004年(平成16)現在、歯科衛生士数は約8万人。歯科衛生士の資質の向上と、歯科衛生の普及のための全国組織として、日本歯科衛生士会がある。

[市丸展子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「歯科衛生士」の解説

歯科衛生士
しかえいせいし

歯科医師の指導のもとに,歯および口腔疾患の予防のために歯石除去や薬物塗布を行い,また,歯科診療の補助,介助をつとめる職種。そのほか,歯科保健指導や (口腔) 衛生の啓蒙なども業務に含まれる。歯科衛生士になるには,歯科衛生士学校あるいは養成所を卒業し,歯科衛生士試験に合格して,都道府県知事の免許を受けなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「歯科衛生士」の解説

歯科衛生士【しかえいせいし】

歯科医師の診療を補助し,歯科疾患の予防処置,歯科診療補助,歯科保健指導を業務とする。歯科衛生士試験に合格し,厚生大臣の免許を受けることを要する(1992年歯科衛生士法改正による)。
→関連項目歯科

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「歯科衛生士」の解説

しか‐えいせいし シクヮヱイセイシ【歯科衛生士】

〘名〙 歯科衛生士法に規定された資格を有し、歯科医師の直接の指導のもとに、歯科診療の補助、むし歯・歯周病などの予防、歯みがきなど、歯科に関する衛生指導を行なう者。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「歯科衛生士」の解説

しか‐えいせいし〔シクワヱイセイシ〕【歯科衛生士】

歯および口腔の病気の予防や衛生指導を、歯科医師の指導のもとに行う専門職

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の歯科衛生士の言及

【歯科】より

…近年,矯正歯科,小児歯科が別個に標榜できるようになった。歯科医療は歯科医師によって行われるが,それには歯科衛生士,歯科技工士の補助が必要である。 歯科衛生士は,歯科医師の指導のもとに歯や口腔の病気の予防処置として歯石除去や虫歯予防のための薬物塗布,歯ブラシの刷掃指導などをしたり,歯科診療の介補をする。…

※「歯科衛生士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android