コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比較政治学 ひかくせいじがく

3件 の用語解説(比較政治学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比較政治学
ひかくせいじがく

各国の政治を,広く社会的・経済的,文化的,国際的な諸条件との相互作用過程においてとらえていく政治学の一分科。比較政治学脚光を浴びるようになったのは,西ヨーロッパ列強の植民地が新興独立国として国際政治の場に登場してからであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひかくせいじがく【比較政治学 comparative politics】

すべての政治社会の様態を,科学的・客観的・理論的に,比較の視角から理解しようとする研究の総称。比較政治学が成立したのは,1954年にアメリカ社会科学研究評議会に比較政治委員会が設置され,アーモンドGabriel A.Almond(1911‐ )が委員長に就任し,若手研究者がその下に結集したことを画期とする。従来の政治学にあっては,主として西欧諸国を対象とし,そこでの政治制度や機構と自国のそれとの異同を,法律的・歴史的に記述する比較政治機構(制度)が一分野として成立していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比較政治学
ひかくせいじがく
comparative politics

今日における比較政治学とは、比較という手法によって政治現象の本質を分析し、普遍的理論の構築を目ざすものである。他の社会科学と同様に実験室をもたない政治学にとって、比較はある現象の要因を析出するための貴重な手段となる。
 比較には、時間的(歴史的)比較と空間的比較の両方が含まれる。比較という視点は古くからあったが、20世紀前半までの比較研究は、制度論的視角から他国の政治制度を記述的に理解するものであった。すなわち、従来の研究は、より民主的と思われる制度をモデルとして採用するため、あるいは採用すべきことを主張するためのものであり、比較政治制度論的色彩が濃かった。
 第二次世界大戦に至るまでの世界は欧米諸国によって国際関係が形成されており、研究対象も欧米諸国に限定されていた。しかし、戦後、新興諸国が国際舞台に登場してきたため、国際社会において無視しえない存在となった新興諸国は、必然的に研究対象ともなってきた。ことに、冷戦期におけるアメリカでは、自陣営の維持拡大のために新興国社会の分析が国策上の重要課題となった。しかし、従来の制度論的アプローチでは、西欧社会とはまったく異質な社会を扱うことはできなかった。そこで、制度にとらわれない分析的な枠組みが必要となり、比較政治制度論を脱して比較政治学としての形が整えられていった。このような発展過程のゆえに当初の比較政治学は政治的近代化論や発展論の意味をもっていたが、その後それぞれの社会の独自性を尊重する風潮が生まれ、比較政治学の方向も転換してきた。現在は、政治理論を精緻(せいち)化するための検証の契機として考えられ、比較政治学という固有の分野が存在するのではなく、政治学そのものと一体化している。
 著名な比較政治学者であるG・アーモンドは、構造機能分析による政治体系論を比較政治学に導入し、この分野の発展に大いに貢献した。彼の分析図式では、いかなる社会においても基本的な政治機能は遂行されているという前提にたち、それがいかなる構造によって担われているのかという視点から比較する。原始的社会であっても、民主主義国と同様に、社会統合、価値の配分などの機能は遂行されているが、その機能が分化されていなかったり、一つの構造が多機能を遂行していたり、遂行方法が制度化されていなかったりするだけである。そこで、機能と構造の両側面に着目し、実体的な比較をするのである。[大谷博愛]
『G・K・ロバーツ著、岡沢憲英他訳『比較政治学』(『現代政治学入門講座1』1974・早稲田大学出版部) ▽R・T・ホルト、J・E・ターナー著、内山秀夫他訳『比較政治の方法』(1976・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

比較政治学の関連キーワード科学的社会主義教育科学主観主義主観的観念論政治犯客観的妥当性主観的科学万能政治社会綿貫譲治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

比較政治学の関連情報