民間省要(読み)みんかんせいよう

  • みんかんせいよう ‥セイエウ

大辞林 第三版の解説

農政書。三編一五巻。田中丘隅著。1721年成立。武州川崎宿の名主であった著者が、役人の横暴を批判、武士階級だけではなく民間有為の者の登用を主張。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

江戸中期の農政および意見書。3編15巻。1721年(享保6)成立。田中丘隅(休愚)(きゆうぐ)。内容は77項目にわたり賦税,国用,民役,村役人論,地方役人論,治水政策,交通政策,土地政策に及ぶ大著。川崎宿本陣名主問屋を兼務した丘隅が長年の体験に基づき書き上げたもので地方書(じかたしよ)ではない。執筆のねらいは民間生活の実態為政者に再認識させようとしたもので,幕吏の農政の参考に資する点が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸時代の代表的な地方書(じかたしょ)。著者は田中丘隅(きゅうぐ)(邱隅、休蔵、兵庫)。1721年(享保6)ごろの成立。三編15巻。丘隅は武蔵(むさし)国八王子平沢村(東京都あきる野市)の出身で、のち川崎宿(神奈川県)の名主田中兵庫の養子に入る。養父没後は名主を継ぎ宿財政の再建に尽力した。また、正徳(しょうとく)年間(1711~16)には江戸に遊学し、荻生徂徠(おぎゅうそらい)、成島道筑(なるしまどうちく)から経義を学んでいる。本書は、このような経歴をもつ著者が村役人の立場から、税制、治水、駅制など77項目について意見・見聞を記したものであり、師成島道筑の手を経て幕府にも献上された。「御治世の長久に随(したがい)て段々官人威勢高く、心ならず民下卑賤(ひせん)の辛苦を知る人なし」、「惣(そう)じて官者は君威に誇り」など率直かつ忌憚(きたん)のない表現が随所にみられるのも本書の特徴の一つといえよう。
 なお、農政・水利などに関する著作活動、荒川・酒匂(さかわ)川・多摩(たま)川などの治水工事遂行の功により、1729年著者丘隅は、武蔵国内3万石を支配する代官に取り立てられた。瀧本(たきもと)誠一編『日本経済大典』第5巻、同編『日本経済叢書(そうしょ)』第1巻所収。[飯島千秋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

農政書。川崎宿の名主田中丘隅(きゅうぐ)著。三編一五巻。享保六年(一七二一)ごろ成立。村役人の立場から税制・治水・駅制など七七項目について意見・見聞を記したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸中期の農政書
3編15巻。武蔵川崎宿(神奈川県川崎市)の名主で,のち幕臣に登用された田中丘隅 (きゆうぐ) の著。経験をもとにして民政上の事実や意見を詳細に記述し,当時の末端支配機構の実態などをよく伝えている。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の民間省要の言及

【田中丘隅】より

…絹物の行商をして見聞を広め,東海道川崎宿の本陣田中兵庫の養子となり,名主,問屋役を兼帯した。川崎宿の復興と繁栄をもたらし,1721年(享保6)幕府の民政に対する意見を述べた《民間省要》3巻77項目を脱稿し,師の成島道筑を通じ献上した。23年川方御普請御用を命ぜられ,荒川・多摩川の治水,二ヶ領用水・大丸用水の改修工事,26年相模国酒匂川の補修を行い,文命堤を築いた。…

※「民間省要」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android