コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水分平衡 すいぶんへいこう water balance

1件 の用語解説(水分平衡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいぶんへいこう【水分平衡 water balance】

水分経済water economyともいう。生物が体内に取り込む水の量と外界に失う水の量との平衡関係のことで,生物体内の水分の恒常性を保つための条件である。生物が水を失うことは,とくに陸上生活をするものにとっては重大な生理的脅威であって,乾燥による失水にたいする防御・補償能力のあることが陸上生活にとっては不可欠である。
[動物]
 動物はもともと水生のものから進化してきたが,脊椎動物節足動物軟体動物のなかから,このような能力を獲得して陸上生活に完全に適応したものが現れた(爬虫類,鳥類,哺乳類,昆虫類,クモ・サソリ類,陸生巻貝類)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水分平衡の関連キーワード加水分解酵素不感蒸散アングラ経済モイスチャーMETI知識型経済細胞外水分酸加水分解酸性ヒドロラーゼ食料経済

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone