コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸切(り)子 エドキリコ

4件 の用語解説(江戸切(り)子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えど‐きりこ【江戸切(り)子】

江戸末期に江戸で作られたカットグラス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

江戸切子【えどきりこ】

江戸でつくられた切子ガラスガラスの製造販売に当たっていた加賀屋の手代文五郎が大坂で修業したのち,1834年に初めて試みたもの。彼はその後加賀屋久兵衛を名乗り,1853年ペリーの注文により切子をつくったといわれる。
→関連項目カット・グラスガラス工芸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

江戸切子

東京都で生産されるカットガラス製品。1834年、江戸のガラス職人加賀屋久兵衛が、金剛砂でガラス面に彫刻を施したのが起源とされる。経済産業大臣指定伝統的工芸品、東京都指定伝統工芸品。また地域団体商標にも登録されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸切子
えどきりこ

江戸ガラス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の江戸切(り)子の言及

【カット・グラス】より

…日本のカット・グラスは,江戸時代中期以後,これらのヨーロッパ製品の刺激のもとに発達した。江戸切子,薩摩切子が代表的なものである。【友部 直】。…

【薩摩切子】より

…1975年の調査によれば,薩摩切子は比重3.6,酸化鉛の含有量約45%に相当する鉛ガラスである。 切子とはカット・グラスを意味し,薩摩切子のほかに江戸切子もあるが,後者は無色のカット・グラスで,江戸の加賀屋の天保年間(1830‐44)の引札(ひきふだ)(カタログ)には皿,蓋物,鉢などの食器のほか,切子でない金魚鉢,瓶などのガラス器も描かれている。なお,ビードロはポルトガル語vidroの,ギヤマンはダイヤモンドを意味するジアマントdiamantの,なまりである。…

※「江戸切(り)子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江戸切(り)子の関連キーワード切り子ガラス薩摩ガラス薩摩切子切り子ガラス・切子ガラス腰ガラス軟質ガラス切子ガラスガラスの絆ガラス砂藤山種広

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone