コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸町名主 えどまちなぬし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸町名主
えどまちなぬし

江戸町役人町年寄の下に位し,各町の自治にあたった。御触 (→御触書 ) と呼ばれた指令の伝達が重要な職務で,ほかに奉行所への願届,戸口調査,税務など一切の事務を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

えどまちなぬし【江戸町名主】

江戸町年寄の下にあって、各町の諸事務をつかさどった町役人。総数約二百数十名。原則として世襲であった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸町名主
えどまちなぬし

江戸の町々を支配する町役人。初めは町人のなかで由緒のある者や、幕府に貢献した者が名誉職として任命されたようである。こうした草創(くさわけ)名主に対し、17世紀の前半までに行政官として選出されたもの(古町(こちょう)名主)、以後町並地(まちなみち)の拡大とともに増加したもの(平(ひら)名主)、寺社門前町の編入で増加したもの(門前名主)などが区別された。名主は数か町ないし十数町を支配し、江戸町年寄の下で、触(ふれ)の伝達、人別調査、訴訟の和解、証文の確認などを行った。支配する町に居住することが原則で、兼業は認められなかった。給与(役料)は町々から徴収し、年間3両ほどの者から、大伝馬町などを支配する馬込勘解由(まごめかげゆ)のように212両余の者まで多様である。1845年(弘化2)の232人の名主の平均役料は53.8両である。中期以後は23組に編成され、町奉行(まちぶぎょう)のもとで多様な業務に従事させられた。1869年(明治2)3月廃止。[吉原健一郎]
『水江漣子著「町名主」(『江戸町人の研究4』1975・吉川弘文館) ▽吉原健一郎著『江戸の町役人』(1980・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

江戸町名主の関連キーワード町役人(まちやくにん)町名主名主総数

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android